徹底レポートそのうち

清水総合開発 (東京都世田谷区)

  • 東急田園都市線「桜新町」駅徒歩6分
  • 「東京軽井沢」と謳われた、関東初の高級邸宅分譲地「桜新町」に誕生
  • 駅近でありながら大通りから一歩入った閑静な住宅街に、空地率約55%の開放的な配棟計画

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

モデルルームを見学するときはココを見ると「違い」が分かります

DSC06808

今回は「ヴィークステージ桜新町」のモデルルームをチェックしてみたいと思います。

これまでに数々のモデルルームをレポートしてきた私ですが
「ヴィークステージ桜新町」のモデルルームでは
「おおっ、これはスゴい!」と思うような“違い”をたくさん発見しました。

モデルルームの見学は初めてという方にも、
たくさんの物件を見比べているけれど、違いがあまりよく分からない……という方にも
ぜひ見ておいてほしいポイントがたくさんあるんですよ。

キッチンの“開放感”の理由は、設計段階からのこだわり

「ヴィークステージ桜新町」のモデルルームの取材時、
廊下やキッチンから、リビング・ダイニングを見渡してみたのですが
「あれ、なんだかとてもスッキリしてるなぁ」と感じました。

DSC06694
▲廊下から、キッチン越しにリビング・ダイニングを眺めたイメージで撮影した写真。
視線が遠くまで届き、空間が広々と感じられます。

その理由は、キッチンの“天井”にありました。

DSC06727 DSC06695
▲キッチンの天井部分に、視界を遮ってしまう吊戸棚や余計な小梁がないんです。
キッチンって、様々な配管を通す必要があるため、天井にそれを覆うための小梁が出てしまうことが多く
実は意外とデコボコしているんですね。
こちらのマンションではそういったデコボコを、設計の工夫で無くしているそう。

だから、キッチンに立った時の開放感が違うんですね!

「キッチンの天井」なんて、ちょっとマニアックな部分かもしれませんが(笑)
こういった細かい部分にまで配慮されているかどうかで、
住み心地ってちょっとずつ変わってきます。

モデルルームの見学の際は、ぜひチェックしてみてほしいポイントです。

ナチュラル感のある素材が採用されたバルコニーの“床”にも注目

また、空間に広がりを感じられたのは、こんなところにも理由がありそうです。

DSC06724
DSC06723 DSC06720
▲リビング・ダイニングからバルコニーの方を見ると……
なんとなく「サッシの向こう側もリビングの一部」といった雰囲気で、一体感がありませんか?

バルコニーの床に、木目調のシートが採用されているので
フローリングとの繋がりを感じられるんですね。
ナチュラルな質感があるシートなので、観葉植物などとの相性も良さそう!

見逃せないのは、このシートは【標準】で採用されているということです。

モデルルームのバルコニーを見て「素敵な床だな~」と思っても、
実は有償オプションのタイルやウッドデッキだった、なんてことも少なくありません。

無償でこういったデザインのものが施工されるって、ちょっと嬉しいですね♪

空間をフレキシブルに仕切れる「ウォールドア」にも一工夫

それから、こちらの「85Aタイプ(82.88㎡、メニュープラン1)」のモデルルームは
リビング・ダイニングと、隣の洋室(3)がウォールドアで仕切れるようになっているのですが
このウォールドアにも注目ポイントがありました。

DSC06706 DSC06713
▲ウォールドアを開放すると、リビング・ダイニングと洋室(3)が一続きになり
合計約18.5畳の広々とした空間として使えます。

ウォールドアは上吊り式のため、床にレールがなく
見た目もスッキリとしていますね。

そして、またまたマニアックな視点なのですが(笑)
パッと見では分からない、ウォールドアが入るための隙間があって壁が少ないので
空間の広がりを感じられる“小技”が効いてます。

DSC06228 DSC06708
▲ウォールドアを閉めるとこんな感じです。
その名の通り“壁”のような雰囲気で、空間をしっかりと分けてくれます。

開放した時は、壁面にコンパクトに収納できるようになっているので
違和感がないのもいいですね!

この他にも、天然石のキッチンカウンターや、
洗面室の床に敷かれたタイルなど、あちこちにグレード感のある素材が使われています。

いろいろなモデルルームを見てきている人ほど
「これが標準で採用されているなんて、すごい!」と思うかもしれません。

なんと奥行き約6.0m!庭のように使える「テラス」は必見です

また、「ヴィークステージ桜新町」のマンションギャラリーには、もうひとつ
「70Ctタイプ(72.52㎡・3LDK+WIC)」のリビング・ダイニング、キッチン、テラス部分を再現した
モデルルームもあります。

DSC06773
▲外からの光を取り込みやすい横型のリビング・ダイニング。
このカーテンの向こうがどうなっているかというと……。

DSC06800
▲一戸建てのお庭より広い!? 奥行き約6.0mのテラスが現れました!
このテラスは1階住戸だけに用意されている“特典”なんですよ。

DSC06775
DSC06784 DSC06781
▲幅も約6.2m確保されているので、4人掛けのテーブル&チェアセットを置いても
まだまだゆとりがあります。

日差しはたっぷり差し込むけれど、外からの目線は届かないように壁があるので
お子さんの遊び場に、ガーデニングスペースに、リラックス空間にと、
プライバシーを大切にしながら、さまざまに楽しむことができます。
こんな素敵な水栓も設置されるんですよ♪

他にもたくさんの見どころのあるモデルルームなので
こちらのマンションが気になっている方は、
ぜひお早めにマンションギャラリーを訪問してみてくださいね!

※掲載の写真はモデルルーム(85Aタイプ・70Ctタイプ)を撮影(平成26年9月)したもので、一部有償オプションが含まれております。また、家具・調度品・エアコン・植栽等は分譲価格に含まれておりません。タイプにより、室内の形状、色彩、仕様等は異なります。
※モデルルームの表現上サッシ・網戸を設置していない部分があります。
※室内写真の日ざしおよび陰影は撮影の演出であり、実際の日影を反映しているものではありません。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント