徹底レポートそのうち

清水総合開発 (東京都世田谷区)

  • 東急田園都市線「桜新町」駅徒歩6分
  • 「東京軽井沢」と謳われた、関東初の高級邸宅分譲地「桜新町」に誕生
  • 駅近でありながら大通りから一歩入った閑静な住宅街に、空地率約55%の開放的な配棟計画

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

“現地”を写真でレポート。三方接道の開放感ある角地です!

DSC06253

今回レポートするのは、「ヴィークステージ桜新町」の“現地”です。

「ヴィークステージ桜新町」は、
東急田園都市線「桜新町」駅から徒歩6分の閑静な住宅街の中に建つマンションですが
敷地の三方向が道路に面している開放感も、この物件の魅力のひとつです。

また、敷地と道路の境界いっぱいまで建物が建ってしまうわけではなく
歩道状の空地や植栽など、“ゆとり”の部分も多く設けられるので
よりのびのびとして潤いある暮らしが送れそうなマンションなんです。

というわけで、現地を多角度から撮影した写真と、建物の完成模型などを照らし合わせながら
マンションが完成したらどんな雰囲気になのかということも、
合わせて見ていきたいと思います!

“正方形に近い三方接道の角地”だから、開放感があります

「ヴィークステージ桜新町」の立地を地図で見てみても
接道部分の多い角地であることが分かりますね。

img05_map
▲「桜新町」駅から徒歩6分の近さながら、正方形に近い広々とした敷地。
一戸建てや小規模なマンションだと、隣を建物に囲まれてしまうことも少なくありませんが
これだけの広さがあり、建物の南・西・北の三方が道路に面していると、
のびやかさが感じられそうですね。

それでは実際に、現地を写真でレポートしていきたいと思います。

s_points
▲敷地の南東側(A)と南西側(B)、北西側(C)から、現地を撮影してみましたよ!

DSC06407
▲敷地の南東側から撮影した写真です。
「桜新町」駅から歩いてきた時に目にする景色ということになりますね。
メインエントランスも、この道沿いに設けられます。

南向きの住棟は、こちら側にバルコニーが面するのですが
日当たりがよく、前方の建物との距離もしっかりと取られているのが分かると思います。

現在は建設工事中のため、建物は緑色の建築幕で覆われていますが
マンションが完成すると、どんなイメージになるかというと……

slide01_03
▲こちらの外観完成予想CGが、ちょうど南東側から眺めたイメージになります。
マンションが完成すると、こんなに緑豊かな景観に変わるんですね!

DSC06247
▲また、チェックしておきたいのは、今、白いフェンスが立てられているラインよりも
奥まった位置に、マンションが建てられているということです。
敷地ギリギリまで建物が建つわけではないんですね!

公道と建物との間に、約3mの歩道状空地や植栽が設けられ、
さらに約4m建物がセットバックされるので
住戸のバルコニーと道路とは、かなりの距離があることになります。

現地を歩いてみると、周りの建物よりも奥まっているのがよく分かりますよ。

続いて、敷地の南西側から撮った写真を見てみましょう。

DSC06417
▲8月上旬の午前中に撮影した写真ですが、こちらにもしっかりと日が当たっていますね。
先ほどのメインエントランス側の道路も、こちらの道路も、一方通行の道なので
車通りが少なく、静かな雰囲気だと感じました。

DSC06239
▲こちらも側も同じように、道路と建物との間に空地や植栽が設けられます。
歩道状の空地は、こちらも約3mの幅が確保されます。
長さもあるので、緑の並木が続く、壮観な景色になりそうですね。
4,000平米超という広さがある整形地だからこそ実現する“ゆとり”の部分といえそうです。

DSC06423
▲メインバルコニーが面することのない北側なのに、
こんなに日当たりが良く、開放感があるんです!(笑)
あまりに明るいので、地図で「ここは本当に北側だよね?」と確認してしまったほど。

こちら側には、サブエントランスと駐車場出入り口(シャッター式ゲート)が設けられるのですが
この門構えが長さ約33m、高さ約3mという規模になるそうなので
完成すると、緑ある潤いと同時に、重厚感や格調を感じさせてくれるのではないでしょうか。

ph_case_06
DSC06242 DSC06424
▲車で帰宅する際、また、サブエントランスを利用する際も、
雄大な門構えをくぐって“我が家”へ入る贅沢感を味わえそう。
これも、凸凹の少ない、正方形に近い形の敷地だからこそ実現したデザインといえそう。

いかがでしょうか? “三方接道の開放感ある角地”ということが
写真からもよくお分かりいただけたのではないかと思います。

実際に現地に足を運んでみると
周りに高い建物がなく、空が広く感じられる気持ちいい場所だと実感できますよ!

また、食品スーパーの「いなげや」へ徒歩1分と
生活利便性に恵まれているのも、見逃せないポイントだと思います。

DSC06436 DSC06427
▲「ヴィークステージ桜新町」のマンションギャラリーは、現地のすぐ近くにあるので
モデルルームの見学と同時に、現地のチェックもできちゃいます。
建物模型やモデルルームで理解を深めてから現地を見てみると、
マンションへの理解もより深まると思います。

ちなみに、9月12日(土)は、桜新町の一大イベント「桜新町ねぶたまつり」が開催されます。
桜新町にゆかりのある「サザエさん」が描かれたねぶたが街を練り歩くお祭りで
毎年大変な盛り上がりを見せるのだとか。

DSC06498 P1030793
▲販売スタッフさんによると、色鮮やかなねぶたが、
「ヴィークステージ桜新町」のマンションギャラリーのすぐ裏手から出発するんですって!
ねぶた祭りの前は、マンションギャラリーで一涼み……というのもいいかもしれませんよ♪

地図やイメージだけで判断するよりも、実際に現地に行ってみた方が
得られる情報や感じることってたくさんあります。

こちらのマンションに興味を持ったら、ぜひマンションギャラリーや現地に
足を運んでみてくださいね♪

※掲載の完成予想図・模型等は、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
雨樋、エアコン 室外機、給湯器、給気口等、再現されていない設備機器、掲示看板等がありますので、
図面集等で改めてご確認ください。周辺道路・建物等は簡略化してあります。
※掲載のイメージイラストは、いずれも計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なる場合がございます。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント