徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス 総合地所 (東京都品川区)

  • 都営地下鉄浅草線「中延」駅徒歩5分、三田駅まで9分、新橋駅まで14分の好アクセス
  • 活気あふれる「中延商店街」と「荏原町商店街」が毎日の暮らしを快適にサポート
  • 4駅4路線が利用可能な良好なアクセス環境で都心近接の暮らしを満喫

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

建物内モデルルームをレポート!2面バルコニーの3LDK「F3」タイプ

DSC07677

今回は建物内モデルルームの「F3タイプ(901号室・68.57㎡・3LDK+WIC+SIC)」をレポートします。

全室に開口部があり、プライベート感のある角住戸で、
玄関のシューズインクロゼットや洋室1のウォークインクロゼットなど
大型の収納スペースも用意されているプランです。

東向きのメインバルコニーに加えて、洋室2から出入りできるバルコニーもあるのが特長です。

type_f3img
▲「F3タイプ」の間取り図です。
前回(2015年10月24日掲載)の記事でレポートした「G1タイプ」同様、角住戸なので
洋室2や洋室3は、2面に開口部が設けられています。

プライベート感があり、収納力にも優れた玄関まわりに注目!

見どころがたくさんある「F3タイプ」ですが、まず注目したいのは玄関まわりです。

DSC07654  genkan
▲「F3タイプ」の建物内モデルルーム(901号室)の玄関。

玄関を入ってから、室内の廊下を通りリビング・ダイニングへ向かうまでの動線が
右図のように“クランク状”になっていて、玄関ドアを開けた場合
来訪者から室内が見えてしまうということがないのもこちらのタイプの特長です。

共用廊下や玄関ドア、玄関を開けた時の印象などを実物で確認できるのも
完成済みマンションの魅力のひとつですから
見学の際は、実際の暮らしをイメージしつつ、さまざまな角度からチェックをしてみてくださいね。

DSC07656 DSC07657 DSC07658
▲「F3タイプ」には、約1.7畳の「シューズインクロゼット」が設置されています。

「シューズインクロゼット」とは、その名のとおり“靴のまま入ることができる”収納のことで
床が玄関とひと続きになっているので、靴はもちろんのこと
キャスター付きのスーツケースやベビーカー、ゴルフバッグなども入れておくことができます。

どうしても物が増えてしまいがちな玄関まわりですが、
こういった容量の大きな収納が用意されていると、スッキリとした空間が保てそうですね。

2面にバルコニーがあり、心地よく暮らせそうな間取りです

また、こちらのプランは、リビング・ダイニング側のメインバルコニーに加えて
洋室2にもバルコニーが設けられているという特長もあります。

DSC07662 DSC07671
▲2面に開口部のある洋室2。
西側(共用廊下側)の窓の外はサービススペース、北側はバルコニーになっています。

右の写真が、洋室2のバルコニーから撮影したもの。
撮影当日はあいにくの雨でしたが、それでもこれくらい開放感のある眺望が広がっていました。

DSC07687
▲こちらも2面に窓がある洋室3。
窓からの景色は、実際の建物内モデルルームで実感してみてくださいね!

間口が広いから、リビング・ダイニングも洋室も使いやすい部屋に

それから、専有面積や部屋数、部屋の配置に加えて
プラン選びの際に着目してほしいのが、住戸の間口の広さ(幅)です。

間口が充分に取られていると、バルコニー側の開口部を広く取ることができ
部屋の幅が確保されやすいので、採光性や家具レイアウトのしやすさに差が出てきます。

こちらの「F3プラン」は、約7.8mの間口が確保されているので
リビング・ダイニングと洋室を並べて配置しても、
間口が狭くて奥行きだけが長い、いわゆる“うなぎの寝床”のようにならず
快適に暮らせるような間取りになっています。

typef3_maguchi
▲住戸自体の間口は約7.8m。
リビング・ダイニングは幅が約3.7m、隣の洋室1は約4.0mの奥行きが確保されています。

「この間取りだと、どんな暮らしを送ることができるか」というのも
建物内モデルルームで体感することができます。

DSC07680
▲バルコニー側から、リビング・ダイニングを撮影しました。
モデルルームでは、キッチン側にダイニングテーブル、バルコニー側にソファを配置してありますが
さらにスタンド型の照明器具や観葉植物などを置くゆとりもあることが分かりますね。

DSC07693 DSC07700
▲こちらは洋室1。
窓側にダブルベッドを寄せ、両脇に照明器具を配置。
さらにベッドの足元にも空間があるので、部屋が広々と使えている印象でした。

図面上でも、住戸や部屋の寸法は確認できますが
やはり実際に家具などが置いてある部屋を見て、
「〇mの幅がある部屋は、こんなレイアウトができる」「これくらいのゆとりが得られる」と実感できると
暮らし心地がよりイメージしやすくなると思います。

「ザ・プレミアスカイ 品川中延」のレジデンスギャラリーでは
ファイナンシャルプランナーによる「ライフプラン個別相談会(予約制)」も実施されているので
資金計画のこともじっくり相談できます。

マンションの購入が初めてという方も、住み替えを考えている方も
ぜひ一度、レジデンスギャラリーを訪れてみてくださいね。

※当記事に掲載している写真は、すべて「ザ・プレミアスカイ 品川中延」建物内モデルルーム(F3タイプ・901号室)を
撮影(2015年9月)撮影したもので、造作家具・照明・エアコン等オプション(有償)も含まれております。
また、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。
※掲載の間取りは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なる場合があります。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント