徹底レポートそのうち

大成有楽不動産・三井不動産レジデンシャル (埼玉県所沢市)

  • 西武池袋線「狭山ヶ丘」駅徒歩6分(急行、通勤急行停車駅)に全235邸の大規模レジデンス誕生!
  • 「池袋」駅直通32分、「所沢」駅直通8分で都心方面へのアクセスもスムーズで通勤にも便利なロケーション
  • ママが子育てしながら「自分育て」できるマンションをつくるママココロプロジェクトを採用

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

「レジデンシャルサロン」ってどんなところ?何が分かるの?

DSC06080

皆さんは、マンションを探そうと思った時、まず何から始めますか?

数々のマンションをレポートしてきた住宅ライターの私がオススメしたいのは
「とりあえず、少しでも興味のあるマンションのレジデンシャルサロン(マンションギャラリー)に
足を運んでみること」です。

レジデンシャルサロンは、実物の住戸を細部まで再現したモデルルームを見られるのはもちろん
さまざまなことを知ることができる“情報の宝庫”でもあります。

また、マンション購入が初めてで、資金計画のことがよく分からないという方も
知識豊富なスタッフの方がきめ細やかに対応してくれますから
「ただ資料を見るだけ」よりも、マンションのことがよく分かるんです。

建物模型をじっくりチェック。周辺建物との距離も確認できます

レジデンシャルサロンで、ぜひしっかりとチェックしてみていただきたいのが
建物を再現した模型です。

DSC05916 DSC05919
▲1/60スケールで作られた「グランビュースクエア」の建物模型。
正面からはもちろん、360°好きな角度から見ることができますから
気になる部分もしっかりと確認できるんですよ。

全体的な外観だけでなく、周辺に建つ建物との距離感や、
希望している住戸の場所、エントランスや駐車場との距離感、植栽の雰囲気など
さまざまなことがこの建物模型から読み取れるんです。

レジデンシャルサロンでは、担当スタッフの方が詳しく解説してくれますから
分からないことがあったら、その場で質問してみるのがオススメです。

構造や共用防災備蓄品、設備の実力などが目で見て分かります

それから、「グランビュースクエア」のレジデンシャルサロンには
こんなコーナーもありました。

DSC05906 DSC05905 DSC05910
▲建物の構造がどうなっているかが分かる構造模型(左)。
コンクリートの厚さや配筋の形状、二重天井や断熱材などが実物大で再現されているんです。

「グランビュースクエア」では、共用部に非常用飲料水生成装置や発電機、
災害救助セットなどの防災用品が備蓄されます(中)。
「こんな大掛かりな備品、各家庭ではなかなか用意できないな~」と、
改めて大規模マンションの頼もしさが実感できます。

オートロックのセキュリティモニターも、触って体験することができます(右)。
映像で来訪者をしっかりチェックできるんですね!

特に建物の構造模型は、住んでからは見ることができない部分ですから、
この機会に、マンションの構造について学んでおくのもいいかもしれませんね。

加えて、こんな体験コーナーもありました!

DSC05976
DSC05977 DSC05935
▲水周りの設備がどれだけスゴイかを体験することができるコーナーです。

トイレに汚れが付きにくくなる「セフィオンテクト」や、バスルームの「カラリ床」、
複層ガラスの断熱性などを、実際に水を流したり、わざと汚れを付けてみたり、
触って温度を確認したりと、その実力を目や肌で確かめられるんですね。

お子さんも「おおー!」と楽しめるコーナーだと思います♪

モデルルームは、広さや間取りの異なる2タイプを見学できます

さて、お待ちかねのモデルルームですが
「グランビュースクエア」のレジデンシャルサロンでは、
74.11平米・3LDK+2WIC(ウォークインクローゼット)+HL(ホームライブラリー)の「Lタイプ」と、
86.88平米・2LDK+DEN(書斎)+WIC+SIC(シューズインクローゼット)+
FC(布団クローゼット)の「Uタイプ」、2タイプのモデルルームが見られます。

DSC05946 DSC05970
▲左が「Uタイプ」、右が「Lタイプ」のリビング・ダイニングです。
広さも間取りも異なるので、自分たちが希望する住戸の参考にできそう!
家具レイアウトやカラーリングにセンスを感じるインテリアも、見どころのひとつです。

こちらのモデルルームには、連窓サッシ(Lタイプ)や
センターオープンサッシ(Uタイプ)の開放感や、
スライドドア(Lタイプ)や引戸(Uタイプ)を採用した効率のいい間取りなど
チェックしたいポイントが満載です。
収納にもさまざまな工夫が凝らされていて、「使いやすそう!」と感心しました。
(収納については、後日詳しくレポートしたいと思います)

DSC06059
DSC05985 DSC05987
▲また、4パターンから無償でセレクトできる内装のカラーサンプルが展示されていたり、
こちらも無償セレクトのキッチンカウンターの高さが体感できるようになっていたりもします。
こういったものに触れられるのも、レジデンシャルサロンならでは。

小さなお子さんと一緒でも、気兼ねなく訪問できます!

小さなお子さんや赤ちゃんと一緒でも、リラックスした気分で見学できるように
「グランビュースクエア」のレジデンシャルサロンでは、さまざまな配慮がされています。

DSC05898
DSC06078 DSC05903
▲相談スペースは、各ブースがしっかりと仕切られていて、プライベート感があります。
資金計画などの相談も、じっくりとできそうですね。

おもちゃのあるキッズスペースや授乳室も用意されていますから
お子さん連れのファミリーでも安心して訪問できそうです。

「グランビュースクエア」に興味がある方はもちろんのこと、
これから住まい探しを始めたいという方、新築マンションについて知りたいことがあるという方も
お気軽にレジデンシャルサロンを訪問してみてくださいね!

※本記事掲載の写真は、すべて2015年7月
「GRAND VIEW SQUARE(グランビュースクエア)」レジデンシャルサロンにて撮影したものです。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント