徹底レポートそのうち

サンヨーホームズ (愛知県大府市)

  • 丘の上ならではのワイドな眺望と開放感 
  • 住宅街として再開発が進む「共和」駅西側エリアの閑静な住環境
  • 中部地区初導入「オール電化高圧一括受電サービス」+「MEMS」のスマートマンション

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

エコ&セーフティ

侵入犯罪を未然に防止!入居者の暮らしを守る『防犯優良マンション』

人の動きが慌ただしくなる年末年始。帰省や旅行で留守の家が多いことから、
空き巣や忍び込みなどの侵入犯罪が増える時期と言われています。

しかも愛知県は住宅を対象とした侵入盗の件数が、
平成19年から平成23年まで5年連続全国ワースト1 位(※)。
戸建住宅と比べマンション等の共同住宅の被害件数は少ないとされるものの、
防犯意識は常に高く持っていたいものです。
※愛知県警察本部 生活安全総務課 平成24年7月発表資料より

CPマーク plate
▲【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】は、
警察庁、国土交通省による「防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針」を踏まえ、
全国公益法人が策定した基準モデルに、愛知県が独自に制定した認定基準をクリアした
『防犯優良マンション』。
認定を受けるには、設計段階審査・竣工後審査の2段階をクリアすることが条件で、
現段階での【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】は、設計段階審査適合を受けた状態。
竣工後審査のクリアを目指し、マンション建設は進んでいます。
※認定プレート参考写真

続きを見る

中部地区初の『スマートマンション』。その仕組みを聞きました(後編)

前回に続き、【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】の『スマートマンション』の仕組みについて、
レポートします。

IMG_2072
▲ちなみに、今回お話くださった株式会社トーエネックの担当者さん方は、
エコソリューション部の皆さん。
エコソリューション部は、マンションエネルギーマネジメントシステム(MEMS)をはじめ、
主に大規模施設に向けた環境に優しいエネルギーを活用した提案や、
省エネに貢献するソリューション提案を行っているそうです。
“トーエネック”というと、電気設備工事や電気通信工事の会社というイメージが大きいのですが、
色々と新たな事業にも取り組んでいるんですね。

続きを見る

中部地区初の『スマートマンション』。その仕組みを聞きました(前篇)

【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】の公式サイトを見てみると・・・。

HPイメージ
▲「中部地区初『オール電化高圧一括受電』+『エネとっく』のスマートマンション」
と、記されています。中部地区初、となるどのようなマンションなのかが気になりますよね。

IMG_2079
▲そこで今回は【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】への電力供給会社となる、
株式会社トーエネックの担当者さんに、
『オール電化高圧一括受電』+『エネとっく』のスマートマンションの仕組みについて
お聞きしました。

続きを見る
この物件の注目ポイント