徹底レポートそのうち

サンヨーホームズ (愛知県大府市)

  • 丘の上ならではのワイドな眺望と開放感 
  • 住宅街として再開発が進む「共和」駅西側エリアの閑静な住環境
  • 中部地区初導入「オール電化高圧一括受電サービス」+「MEMS」のスマートマンション

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

無料シャトルバスに乗って、歴史ある天下の奇祭「どぶろく祭り」へ

IMG_3010

室町時代に創建された、大府市長草町の『長草天神社』は、
学問の神様としてはもちろん、長草の氏神様として地元の人々に親しまれている神社です。

今回は、『長草天神社』で毎年2月に行われる「どぶろく祭り」を取材!
神社創建と同時に始まった伝統あるお祭りで、振る舞われる御神酒(どぶろく)を楽しみに、大勢の参拝客が訪れます。
祭りは大府市の無形民俗文化財に指定されているんですよ。

どぶろく祭りに行くなら「無料シャトルバス」がおすすめ!

IMG_2982

【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】から『長草天神社』までは、約1.6km。
歩いていくには距離があるので、車で出掛けるのが便利ですが、
それではせっかくのどぶろくがいただけませんよね。

IMG_2969
▲なので祭り当日は、JR「共和」駅西口から運行される
『長草天神社』行きの無料シャトルバスの利用がおすすめ!
朝10時から、45分間隔で運行。5分程度で神社に着きます。

「どぶろく祭り」は、10時から式典がはじまります。
地元の青年会や子ども会が笛や太鼓を奏でながら練り歩き、境内へ。

IMG_2993
▲お酒ずきな空想上の動物「猩々」も登場し、竹竿で子ども達の頭を軽く叩きながら歩きます。
猩々に叩いてもらうと、「福と徳と知恵」が授かるといわれており、
その見た目におっかなびっくりしながらも、子ども達は頭を差し出すのだとか。

そして境内に神主さんや巫女さん、氏子連中が揃うと神事がはじまり、
お昼から参拝客へどぶろくが振る舞われます。

IMG_2982 IMG_2983
▲どぶろくの振る舞いを受けるには、“梅花盃”を買い求めて列に並びます。

IMG_2979 IMG_2987
▲順番を待つ長い行列が出来ていたものの、10分もかからず境内の「神酒授与所」に到着!
1度にいただけるどぶろくは1杯だけ。
人によっては何度も列に並び、おかわりをするのだとか(笑)

「どぶろく祭り」は、天神社が創建された明応3年(1494年)に、
知多郡の地頭・藤田民部により寄進された一反歩の御供田で収穫した米でどぶろくを造り、
神前に供え、氏子や参拝者に振舞ったことが、はじまりと言われています。
その後、時代の流れにより、どぶろく造りを中断したところ、長草村で疫病が流行り、
大勢の人が犠牲者が出たそうです。
祭礼のどぶろく造りを止めたために災いが起こったと人は言うようになり、
当時の地頭名府士官・市村傳兵衛が中心となり、どぶろく造りを再開。
それ以後、「どぶろく祭り」は凶作の年も中止されることなく、続けられてきました。

IMG_2988 IMG_2992
▲どぶろくは長草地区の6つの酒元組が持ち回りで造っており、今年は西山組が担当。
660kg近くのどぶろくを造ったそうです。

毎年「どぶろく祭り」を訪れている人に話を聞くと、
年や坂元組によって味わいの違いがあり、それもどぶろくの醍醐味なんだとか。
そんな話を聞くと、来年もお詣りに訪れたくなってしまいますね(笑)

そして、「どぶろく祭り」のクライマックスは、15時から行われる投げ餅。

IMG_3012 IMG_3013
▲安全に配慮し、片方に成人男性、反対側に女性と子どもと、エリア分けされていました。
それでもかなりの人だかりでごった返すので、参加する際はぐれぐれもケガのないように、ご注意を。

IMG_2972 IMG_2974
▲どぶろくはお酒ですから、もちろん未成年は飲めません。
しかし、子ども達は数多く立ち並ぶ屋台で、グルメやゲームを楽しんでいましたよ。

『長草天神社』の「どぶろく祭り」は、毎年2月25日の直前の日曜日に行われます。

IMG_3011
▲お子さんの学業成就祈願を兼ね、家族そろってお祭りに出掛けてはいかがですか。

※写真撮影年月:平成27年2月
※画像は全てクリックすると拡大出来ます

【04-2015.2】

================================================

■【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】マンションギャラリー
問い合わせ先/0120-414-340
※携帯・PHSからも利用できます
営業時間/10:00~19:00
定休日/水曜日(祝日は営業)


PAGE TOP

この物件の注目ポイント