徹底レポートそのうち

三井不動産レジデンシャル (東京都杉並区)

  • 新宿駅約4km圏の都心を身近に愉しむロケーション
  • 東京メトロ丸の内線の始発駅「方南町」駅徒歩7分
  • 「方南町」駅改良計画により、池袋まで直通運転実施予定(2016年度完了予定)

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

“食卓にあともう一品!”の時に助かる『方南町』で見つけたお惣菜屋さん

201501DSC04931
▲こちらは平日夜の『方南町』駅(約560m)1番出口。
外出先からホームタウンに到着したとたん、「今日は疲れたなぁ、夕飯作るの面倒だなぁ・・・」と
お疲れモードのスイッチが入ることもあるかと思いますが、
そんなときに、頼りになるのが駅の周りに点在する“美味しいお惣菜屋さん”の存在です。
そこで今回のレポートでは『方南町』駅周辺の人気惣菜店をクローズアップします!

※東京メトロ丸ノ内線『方南町』駅・・・・・・現地より徒歩7分(約560m)/2015年1月日撮影。

『方南町』1番出口を出てすぐのところにあるからあげ専門店


201501DSC04901
201501DSC04902 201501DSC04922
▲昼夜問わずいつもお客さんで賑わっているのが、
『方南町』駅一番出口南にある『からあげとり多津』。
『からあげグランプリ』で3年連続金賞受賞という人気店で、
揚げたてジューシーなからあげがショーケースにズラリと並んでいる様子を眺めると、
ついつい「一袋買って帰ろうかな・・・」という気分になります。

※からあげとり多津方南町店/営業時間は10:00~23:00・・・・・・現地より約560m(徒歩7分)/2015年1月撮影。

IMG_1078
▲1個からの購入もOKとのことで、早速筆者もテイクアウト。
一番人気は写真左の『醤油』、
二番人気は意外にも?モモ肉に紅生姜がをからめて揚げた『紅生姜』とのこと。
たしかに、紅生姜は油っぽさがなくさっぱり食べられるので、
“オトナ向きのから揚げ”と言えそうです。

大山どり専門店の焼き鳥は、ビールのおつまみにもピッタリ!


201501DSC04915
201501DSC04913 201501DSC04916
▲こちらは『方南銀座商店街』(約500m)の中にある『宮川鶏肉店』。
鶏肉の中でも特に、ジューシーで脂バランスが良く旨みのあるブランド鶏として知られる
『大山(だいせん)どり』にこだわり、生肉だけでなく、
ビールのおつまみになりそうなメニューを店頭で焼いて販売しています。
お店の方によると、「夜の7時頃を過ぎると売切れメニューも出てくるので、
少しお得にお値引きして販売しますよ!」とのこと。
地元の方のリピート率がかなり高いそうで、この日も小学生ぐらいの男の子が
お母さんのおつかいで『鶏のモモ焼』を買いに来ていました。

※宮川鶏肉店/営業時間は9:00~20:00・・・・・・現地より約500m(徒歩7分)/2015年1月撮影。

コロッケも、天ぷらも・・・専門店の味ならではの美味しさ!


201501DSC04921
201501DSC04917 201501DSC04909 201501DSC04919
▲他にも精肉店『ミートショップサタケ』(写真上:約570m)のコロッケや、
『方南町』駅2番出口前にある『ちかてつそば方南町店』(写真下左:約550m)のサクサク天ぷら、
じっくり炭火で焼き上げる焼き鳥が評判の『松喜とり肉店』(写真下中:約550m)の白モツ焼き、
天丼をはじめとする天ぷら惣菜の専門店『かんだや』(写真下右:約580m)大えび天丼などなど、
お店の前を通るとついつい買って帰りたくなる魅惑の惣菜メニューがいっぱいです!

※写真はいずれも2015年1月撮影。

いかがでしたか?
お店によっては“売り切れ次第閉店”という店舗もあるので、
夕方5時過ぎから夜7時頃までが『方南町惣菜散策』にオススメの時間帯です。
ぜひ皆さんもお気に入りのテイクアウトグルメを見つけてみてくださいね!

■次回更新予定日/2015年3月10日(火曜日)予定
※実際の更新日は予定と前後する場合があります。
【04-2015.02】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント