徹底レポートそのうち

三井不動産レジデンシャル (東京都杉並区)

  • 新宿駅約4km圏の都心を身近に愉しむロケーション
  • 東京メトロ丸の内線の始発駅「方南町」駅徒歩7分
  • 「方南町」駅改良計画により、池袋まで直通運転実施予定(2016年度完了予定)

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

方南町に暮らして1年のAさんファミリーに聞きました【2】~買い物利便性の実感編~

201502DSC05469
▲前回に引き続き、今回もご登場いただくのは、
東京メトロ丸の内線『方南町』駅(約560m)を最寄り駅とする住宅地にお住まいのAさんご夫妻。
方南町の賃貸マンションで暮らしはじめて1年。
Aさんご夫妻(夫40代、妻30代、お子様2人の4人家族)が感じている
“方南町の買い物利便性”についてお話をうかがってみました。

※写真は【パークホームズ杉並和泉】マンションギャラリー内にて実施した
Aさんご夫妻のインタビューの様子/2015年2月11日撮影(ご夫妻の希望により後姿での撮影となっています)。

Q3:買い物をするとき利用頻度が高いのはどちらのお店ですか?

A:一番よく利用するのは『サミットストア』ですね(妻)

201502DSC05499
▲「やっぱり『方南町』の駅から近いということもあって便利なので
日常的に通うスーパーとしては『サミットストア和泉店』を一番よく利用します。
食料品、生活雑貨、衣料品、化粧品と、ちょうど良い広さのスペースに
バランス良く品物が揃っているので、買い物がしやすいという点も魅力的ですね。
それと、ママとして一番助かるのは、3階にある『百円均一ショップ』の存在です。
ちょっとしたキッチン小物や雑貨が100円で手に入りますし、
子どもたちのお弁当用品を買うときにも便利なんです。
『サミットの百均』にはかなりの頻度で通ってますよ(笑)」(Aさん妻談)。

※サミットストア和泉店/営業時間は朝9:00~深夜0:00・・・・・・現地より約560m(徒歩7分)/2015年2月撮影。

A:まとめ買いのときは『ドン・キホーテ』です(夫)

201406DSC01520
▲「週末になると、夫婦でリュックを背負って自転車2台で、
『ドン・キホーテ環七方南町店』まで買い物に出かけます。
『ドン・キホーテ』では、保存食などをまとめ買いしているんですが、
食料品から雑貨、子どものおもちゃまで、
いろんなアイテムが揃っているので買い物をしていても楽しいですね!
ちなみに、車は東京への転勤が決まったときに手放しました。
『方南町』駅周辺は急な坂道がなく、
電動自転車で気軽に動けるので不自由さはまったく感じていません。
この街に暮らしていれば、車は必要ないんじゃないかな」(Aさん夫談)。

※ドン・キホーテ環七方南町店/営業時間は朝10:00~翌朝5:00・・・・・・現地より徒歩3分(約240m)/2014年6月撮影。

201406DSC01515 201403DSC09302
▲筆者の補足ですが、【パークホームズ杉並和泉 ザ レジデンス】のすぐお隣には、
コンビニエンスストアの『セブンイレブン和泉店』(写真左)が。
また、京王線を利用した帰り道には、
『代田橋』駅(約1040m)からの帰り道に『京王ストア代田橋店』(写真右)を利用できるため、
改めて“買い物施設の数が多く、日常のショッピングが快適にできる街”を実感できそうです。

※左:セブンイレブン和泉店/24時間営業・・・・・・現地より徒歩1分(約30m)/2014年6月撮影。
※右:京王ストア代田橋店/営業時間は朝10:00~夜23:30・・・・・・現地より徒歩12分(約940m)/2014年6月撮影。

Q4:では最後に・・・1年暮らしてみて
改めて感じた『方南町』の魅力を教えてください。

A:やはり“通勤のしやすさ”は文句なしです(夫)

「東京に転勤が決まってまず最初に、
“きっと電車が遅れたり、満員電車の中で疲れたりするんだろうなぁ”と覚悟を決めたんですが、
丸ノ内線で通勤していると、遅延はほとんどないですし、
朝のラッシュ時もそんなに混雑していなかった・・・
“方南町を選んで良かったな”と思いました。

僕にとっては“通勤のしやすさは文句なし”というのが『方南町』の魅力ですね。
あ、それと駅の周辺に美味いラーメン屋さんが多いのも嬉しいかな(笑)」(Aさん夫談)。
※筆者注:Aさんの勤務先は『新宿』です/前回レポート~交通利便性の実感編~も併せてご覧ください。

A:意外にも周辺に公園が多いので、
週末のお出かけも無料で楽しめます(妻)

「暮らしてみてわかったことですが、『方南町』周辺には意外と親子で遊べる公園が多いんです。
よく出かけるのは『和田堀公園』や、子どもたちが大好きな『杉並児童公園』、
あとは神田川沿いにも小さいけれどキレイに整備された公園があったりして
“無料で楽しめるお出かけスポットがいっぱい”という点が
『方南町』の暮らしやすさの魅力だと感じています」(Aさん妻談)。

201404DSC00026
201409DSC02463 201404DSC09970
▲Aさんの奥さまが“方南町の魅力”だと語る周辺の公園施設。
これから春にかけて美しい桜の風景も身近な場所で楽しめます。
上:和田堀公園・・・・・・現地より約1.7km/2014年4月撮影。
下左:杉並児童交通公園・・・・・・現地より約3.0km/2014年9月撮影。
下右:神田川泉南緑地・・・・・・現地より徒歩4分(約260m)/2014年4月撮影。

いかがでしたか?
ぜひ皆さんも、2回に渡ってご紹介した
Aさんご夫妻の『方南町生活実感インタビュー』を参考に
『方南町』の交通利便性や買い物のしやすさなど、その魅力を確認してみてくださいね!
※Aさんご夫妻、インタビューへのご協力ありがとうございました。

■次回更新予定日/2015年2月28日(土曜日)予定
※実際の更新日は予定と前後する場合があります。
【03-2015.02】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント