徹底レポートそのうち

三井不動産レジデンシャル (東京都杉並区)

  • 新宿駅約4km圏の都心を身近に愉しむロケーション
  • 東京メトロ丸の内線の始発駅「方南町」駅徒歩7分
  • 「方南町」駅改良計画により、池袋まで直通運転実施予定(2016年度完了予定)

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

収納たっぷり!二人でゆったり暮らせる2LDKプランが月々返済12万円台(※1)から!

plan_pop_60c_mainimg
▲今回ご紹介するのは二人暮らしにぴったりな専有面積59.09㎡の
2LDK+WIC(ウォークインクロゼット)+SIC(シューズインクロゼット)の『60Cタイプ』です。
特に注目したいのは、上の間取りでブルーに色づけされた部分!
玄関、廊下、キッチン、洋室に広々とした収納スペースが確保されているため、
居住年数が経過するごとに増えていく洋服、小物類を
賢くスッキリ片付けることができそうなプランなのです!

※60Cタイプ・・・・・・専有面積59.09㎡、バルコニー面積8.40㎡。
※1 提携ローン概要/提携金融機関:三井住友信託銀行/年利:0.675%(通常2.475%のところ店頭金利-1.8%、一定の条件があります。変動金利のため年2回返済額の見直しがあります)/返済期間:35年/融資限度額:50万円~3億円以内、または購入価格の100%まで/ローン事務手数料:3万1500円/保証料:100万円につき2万614円(35年返済の場合)/上記金利・返済例は2015年1月26日現在のものです。別途諸費用がかかります。ローンは一定要件該当者が対象です。適用される金利は融資実行時のものとなり、表記されている金利と異なる場合があります。

スッキリ片付いた生活スペースの決め手は“収納力”!


こちらの『60Cタイプ』の専有面積は59.09㎡。

前回のレポートでご紹介した『住生活基本法』(2006年施行)に基づく居住面積水準によると、
都市居住型の“豊かな住生活を実現するために必要”と考えられる住宅面積水準は、
独り暮らしで約40㎡、2人以上の世帯の場合は20㎡×世帯人数+15㎡とされていますから、
ディンクスカップルの居住面積水準である55㎡をクリアする
“二人暮らしにぴったりな広さ”ということになります。

そして、何より注目したいのは、“ここにあったら便利だな・・・”というところに
ゆったりとした収納スペースが設けられている点!

201406DSC01315 201406DSC01314
▲例えば玄関!ついつい下足入れに靴をしまうのが面倒で、
いつも靴を出しっぱなし・・・家のカギや車のキーも置きっぱなし・・・といった方も多いかと思いますが、
『シューズインクロゼット』があれば“モノの出しっぱなし”をスッキリ解消!
上の写真のように壁面フックを上手に活用すれば、カギなどの小物類の定位置が決まります。
また、置き場所に困りがちなゴルフバッグ等のアウトドアアイテムも
手前の空きスペースに収納すれば室内の無駄な場所を取りませんね!

※掲載の写真はモデルルーム(60Dタイプ)を撮影(2014年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。一部オプション(有償・申込期限有)のものが含まれます。

201406DSC01379 201406DSC01380
▲廊下に面した『ストレージ』は、
防災用品やお客様用寝具、扇風機など、毎日は使わないアイテムや、
縦型掃除機などの長尺アイテムをしまっておくのに便利!
またエアコンによる空調の影響を受けにくいため、
ワインセラー置場としても活用できそうです。

※掲載の写真はモデルルーム(75Cタイプ)を撮影(2014年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。一部オプション(有償・申込期限有)のものが含まれます。

201406DSC01368
201406DSC01369 201406DSC01370
▲洋室に設置されている『ウォークインクロゼット』は、
入口が引き戸になっている点に注目!
手前や奥に開閉するドアタイプの扉の場合だと、
ドアの開閉に必要な弧を描く部分がデッドスペースとなってしまいますが、
左右にスライドする引き戸タイプの扉なら、デッドスペースが生まれにくく、
収納スペースを隅々まで使うことができます。
写真のように押入れ用引き出しを活用すれば機能的な収納空間が完成しそうですね!

※掲載の写真はモデルルーム(75Cタイプ)を撮影(2014年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。一部オプション(有償・申込期限有)のものが含まれます。

201406DSC01323 201406DSC01325
▲また、キッチンの『バックカウンター』は、
電子レンジや炊飯ジャーなどを置いておくのにぴったりなスペース。
キッチン収納のデザインと一体感があるため、ビジュアル的にもお洒落な印象を受けます。
オーダーすると高価なアイテムとなる造作家具が、
あらかじめ標準装備となっている点もうれしいところです。

※掲載の写真はモデルルーム(60Dタイプ)を撮影(2014年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。一部オプション(有償・申込期限有)のものが含まれます。

いかがでしたか?

「うちの夫婦は物が多いから、できれば3LDKのプランで、
一部屋を納戸として使うことを想定していたんだけど・・・」というご夫婦も、
「こんなに収納があれば2LDKでも暮らしやすそうだな」と感じられたのではないでしょうか?

これだけのゆったりとした収納スペースが確保されていれば、
何より“片づけをする楽しみ”が増えて、
お部屋の中をすっきりとキレイにキープする習慣がつきそうですね!

ちなみに、二人暮らしにジャストサイズな『60Cタイプ』、
分譲予定価格は4788万円(1戸)からとなっています。

4788万円の住宅ローン返済をシミュレーションしてみると・・・

■タイプ名/60Cタイプ(115号室)
■分譲予定価格/4788万円
■頭金/288万円
■借入金/4500万円
■住宅ローン・月々支払い額/12万327円
■住宅ローン・ボーナス時支払額/0円
■管理費月額/1万3180円
■修繕積立金月額/5080円

つまり、家賃感覚で払える月々返済が12万円台(※1)から、
管理費と修繕積立金を合算しても、月々13万円台からの支払いが可能となります!
※提携銀行・金利・期間等住宅ローン概要(※1)は記事冒頭に記載しています。

ご夫婦で共働きという場合、勤務地がそれぞれ異なると、
“お二人の通勤のしやすさ”も住まい選びの課題のひとつになると思いますが、
・東京メトロ丸ノ内線『方南町』駅(約560m)徒歩7分
・京王電鉄京王線『代田橋』駅(約1040m)徒歩13分
という2路線2駅が利用可能な【パークホームズ杉並和泉 ザ レジデンス】は、
価格的にも、立地的にも、魅力を感じられるのではないでしょうか?

今回ご紹介した『60Cタイプ』の他にも、様々な2LDKプランが用意されています。
ぜひ一度、ご夫婦揃ってレジデンシャルサロンを訪れてみてくださいね!

■次回更新予定日/2015年2月7日(土曜日)予定
※実際の更新日は予定と前後する場合があります。
【03-2015.01】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント