徹底レポートそのうち

三井不動産レジデンシャル (東京都杉並区)

  • 新宿駅約4km圏の都心を身近に愉しむロケーション
  • 東京メトロ丸の内線の始発駅「方南町」駅徒歩7分
  • 「方南町」駅改良計画により、池袋まで直通運転実施予定(2016年度完了予定)

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

電力一括受電とMEMSで節電・省エネが実現するスマートマンションの仕組みとは?【2】~応用編~

201412DSC03916
▲さて、前回のレポートでは、
【パークホームズ杉並和泉 ザ レジデンス】に採り入れられている
『電力一括受電』と『MEMS(メムス)』の仕組みについて、
NTTファシリティーズの樋掛智士さんに解説をしていただきましたが、
今回は“平均15%”まで電気料金が節約できるという
『家庭内省エネの仕組み』について教えていただきましょう!

※NTTファシリティーズの樋掛智士(ひがけさとし)さん/レジデンシャルサロンにて2014年12月撮影。

Q5:どのように工夫したら
約15%まで電気代を節約できるのですか?


PowerPoint プレゼンテーション
▲「まず、【パークホームズ杉並和泉 ザ レジデンス】のご入居者様は
ご入居と同時に『EnneVision』というサービスを無料でご利用いただけます。
これは、全住戸に設置される電気メーター(スマートメーター)の収集データや通信機能を活用しながら、
マンション入居者様の節電や省エネをお手伝いする付加サービスで、
ご自宅の電気使用量や電気料金などを『見える化』することで、
より具体的な節電や省エネが可能となります」(樋掛さん談)。

※EnneVisionシステムイメージ図/NTTファシリティーズ提供。

「では、どのようにするとより効果的な節電が可能になるか、
2つのサービスについてご説明しましょう」

PowerPoint プレゼンテーション PowerPoint プレゼンテーション 
▲「電力には、多くの人たちが一斉に電気を使用する“ピーク時間帯”というものがありますが、
そうした供給力ひっ迫が予想される時間帯を事前にメールでお知らせし、
入居者様が要請された時間帯に電気の使用を抑制すると、
抑制量に応じて翌月以降の電気料金の支払いに利用可能なポイントが貰えるサービスがあります。
これが『節電ポイントサービス』です(左)。
もうひとつの『時間帯別料金サービス』(右)は、
オフィスや工場などで電力需要が高まる昼間の時間帯に電気料金単価を通常より高く設定し、
代わりに、朝・晩・夜間の電気料金単価が通常よりも安くなるサービスです。
どちらも強制的ではなく、入居者様にご選択いただけるサービスですが、
『節電ポイントサービス』と『時間帯別料金サービス』の2つを組み合わせて、
かつ、ライフスタイルに合わせてうまくご活用頂いている入居者様においては、
平均で15%程度電気料金を削減できたという実績がございます」(樋掛さん談)。

※左『節電ポイントサービス』、右『時間帯別料金サービス』イメージ図/NTTファシリティーズ提供。
(画面をクリックすると拡大画像が確認できます)

なるほど。
電気を使う時間帯を賢く工夫することで、
より効率的な節電・省エネが可能になるというというワケなんですね!

例えば、共働きで平日昼間は自宅にいないというご夫婦や、
朝夕にまとめて掃除・洗濯・炊事を行うライフスタイルが可能なご家庭には、
もってこいの『省エネプラン』になるかもしれません。

ちなみに、パソコンやスマートフォンで確認できる『見える化機能』を利用すれば、
通常時と時間帯別の場合のシミュレーションができるので、
“我が家の場合はどのように電気を使ったらお得になるのか?”を
比較検討できるそうですよ!ぜひ活用してみましょう。

PowerPoint プレゼンテーション
▲補足ですが、入居後、各住戸にはNTTファシリティーズから『光BOX+』が無償貸与されます。
この『光BOX+』をインターネットにつなぎ、事前に『節電ポイントサービス』等の設定をおこなえば、
家庭内で使われている家電製品の使用電力を、
供給力ひっ迫が予想される時間帯である電力ピーク時に合わせ、抑制してくれるのだとか。
うっかりピーク時間帯を忘れていても、この黒いボックスが
自動的にコントロールしてくれるんですね!

※光BOX+の家電連動イメージ図/NTTファシリティーズ提供。
※光BOX+にて制御できる家電製品は、ECHONET Life規格に対応した家電のみです。

では、最後に入居予定の皆様へメッセージをお願いします!


「MEMSや一括受電システムを導入したスマートマンションは、
弊社の導入実績や補助金申請件数から考えても
近年増加傾向にあり、今後もニーズが高まってくると考えられます。

各ご家庭での省エネ・節電への取り組みは、電気代の削減だけでなく、
限られたエネルギー資源を末永く大切に使うということ、
また、地球温暖化の防止など環境保全にも役立つという意味で、
“世の中への貢献”にもつながるのではないでしょうか?

『EnneVision』や『光BOX+』を上手に活用しながら
省エネや節電を“楽しみながら”実践していただきたいですね」(樋掛さん談)。

201412DSC03909
▲丁寧にわかりやすく解説してくださった樋掛さん。
インタビューへのご協力、ありがとうございました!
ぜひ皆さんも、樋掛さんの解説を参考にしながら、
省エネ・節電にチャレンジしてみてくださいね!

※NTTファシリティーズの樋掛智士(ひがけさとし)さん/レジデンシャルサロンにて2014年12月撮影。

■次回更新予定日/2015年1月15日(木)予定
※実際の更新日は予定と前後する場合があります。
【02-2014.12】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント