徹底レポートそのうち

東急不動産・三菱地所レジデンス・小田急不動産 (東京都狛江市)

  • 小田急線「喜多見」駅から徒歩4分の駅近
  • 新宿17分のアクセスや、周辺が戸建て街区の日当たりなど、バランスのとれた立地
  • 子どもがおおらかに遊ぶ公園・ジョギングができる野川緑道など、広い世代が豊かに暮らせる環境
    (きたみふれあい広場 約690m、野川緑道 約620m)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

建物プランニング

間取りを検証!大型収納が用意されている点にも注目

プレイスガーデン喜多見 間取り

新築分譲マンションには、たくさんのプランが用意されていますが
間取り図を見て、広さや「2LDK」「3LDK」といった部屋数、向きの違いは分かっても
その他の部分はどのようにチェックしたらいいのか、いまひとつ分からないという方も多いのでは。

似たような平米数の、同じ「3LDK」という間取りでも
プランニングによって、住み心地は変わってきます。

どんな間取りを「暮らしやすい」と感じるかは人それぞれですから
さまざまな面からプランを見て、「これだ!」と思える一戸を選びたいですね。

今回は「プレイスガーデン喜多見」の間取りについて、
どんな特徴があるか、見ていきたいと思います。

続きを見る
この物件の注目ポイント