徹底レポートそのうち

野村不動産 (愛知県名古屋市天白区)

  • 大規模商業施設「イオン八事」をはじめ、様々な施設が揃う「八事南エリア」に誕生
  • 丘陵地の八事エリアにおいて、駅・主要施設までフラットアプローチ
  • 第一種低層住居専用地域の閑静な住宅街×南垂れの立地だから叶う「八事眺望生活」

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

タオコーヒー|ご近所で発見したこだわりのスペシャルティコーヒーのお店!

201411DSC03317

さて、今回ご紹介するのは、以前からずっと気になっていたお店。
『八事』駅から【プラウド八事テラス】への帰り道沿いに発見した
スペシャルティコーヒーのお店『タオコーヒー』です!

この場所にオープンして7年目。
静かな住宅街の中にあるコーヒーショップは、
地元・八事マダムの間でも“美味しいコーヒーが飲めるお店”として評判になっています。

※以下すべて、タオコーヒー・・・・・・約400m(徒歩5分)/2014年10月撮影。
■タオコーヒー/名古屋市天白区弥生が岡209 営業時間/10:00~19:00 定休日/月曜日。

続きを見る

リニューアルオープンした『イオン八事』は家族揃って楽しめるお買い物スポット!

201410DSC02905

さて、今回ご紹介するのは、先月2014年9月に大規模リニューアル工事が完了し、
店内のデザインや店舗構成が新しくなってオープンしたばかりの『イオン八事』について。

実は、筆者も子どもの頃からこのお店(旧・ジャスコ八事店)に通っていたので
リニューアルオープン後の『イオン八事』のスタイリッシュな変化には感慨深いものがありました。

ちなみに“週末はイオンで過ごす”というイオンファンの方も多いと思いますが、
2014年10月現在、閑静な住宅地として知られる名古屋市の東部丘陵エリア(名東・昭和・天白区内)で
『イオン』があるのは、ここ『八事』だけ!
自宅マンションから徒歩圏内に『イオン』があるというだけでも、
毎日の生活が楽しくなりそうですね!

※以下すべて、イオン八事・・・・・・約915m(徒歩12分)/2014年10月撮影。

続きを見る

八事自転車生活のススメ【2】お買い物帰りも自転車ならスイスイ!

201410DSC03072

さて、前回は“パパの通勤時も自転車を使えばラクラク!”
というレポートをお届けしましたが、今回は『八事』駅前からマンションまでの帰り道。
駅前にある『イオン八事』でお買い物をしたあと、
マンションまで自転車で帰宅する場合のシミュレーションをご紹介しましょう!

※イオン八事・・・・・・約915m/2014年10月撮影。

続きを見る

八事自転車生活のススメ【1】『八事』駅まで約5分、自転車ラクラク通勤!

201410DSC03034

【プラウド八事テラス】の最寄り駅は、地下鉄鶴舞線・名城線の『八事』駅。
前回のレポートでもご紹介した通り、徒歩でアクセスすると約12分足らずの距離ですが、
自転車を利用すれば、朝の貴重な通勤時間をショートカットすることができます。

中でも、注目したいのは『八事』駅までの自転車ルートも坂道のないフラットアクセスだということ!
凹凸の多い道路だと、自転車アクセスはかえってストレスにつながりますが、
坂道がなく、ストレスフリーで快適通勤がおこなえるという点は、実に魅力的ですよね?

そこで今回は、今人気のスタイリッシュサイクル『ハイディ』を使って、
『パパの毎朝の自転車通勤』をシミュレーション!
駅まで何分かかるのか?をストップウォッチで計測してみました。

※正確な所要時間を計測するため、写真撮影時は一時停止にして計測しました。
※所要時間は、天候や信号の状況によっても異なります。あくまでも目安として参考にしてください。

続きを見る

奇跡の『フラットアプローチ』を実感!駅から現地までの道のりを歩いてみました!

さて、前回は『標高約46m』という高台に建つ【プラウド八事テラス】、
屋上からの気分爽快な眺望について写真でレポートしましたが、
『そんな高台に建っているということは、
駅までの行き帰りに上り坂や下り坂があるのでは?』
と不安に思われた方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、最寄りの地下鉄鶴舞線・名城線『八事』駅からマンション現地までの
“まさに奇跡!”とも言うべき『フラットアプローチルート』を写真でご紹介しましょう。

map
▲こちらは現地案内図。今回は地図内に赤いルートで示されている
『フラットアプローチ』のコースを実際に歩いてみました。

続きを見る

はじめまして、住宅ライターの福岡由美です!本日から【プラウド八事テラス】のWEBレポートがスタートします!

みなさん、はじめまして。
住宅ライターの福岡由美です。

本日から、野村不動産の新築分譲マンション(平成27年6月下旬入居開始予定)、
【プラウド八事テラス】のWEBレポートがスタートします!

物件ホームページやチラシの中だけではお伝えしきれない
このマンションの魅力や住環境、開発秘話等を住宅ライター独自の目線で取材し、
詳しくレポートしていきますので、どうぞお付き合いくださいね!

さて、初回の今日は『このマンションがどんな場所に建設されるのか?』
についてご紹介しましょう。

map
▲こちらが現地案内図です。
この八事界隈を散策されたことがある方ならおそらくご存知かと思いますが、
現地一帯は“いかにも八事らしい邸宅街”で、
第一種低層住居専用地域に指定された静かな街並みが続いています。
加えて、標高約46mという高台の環境は、このマンション最大の魅力と言っても過言ではないでしょう。

では、ここから先の『続き』のページでは、
先日現地で撮影した『高台の眺望』をじっくりご堪能ください。

続きを見る
この物件の注目ポイント