徹底レポートそのうち

野村不動産 (愛知県名古屋市天白区)

  • 大規模商業施設「イオン八事」をはじめ、様々な施設が揃う「八事南エリア」に誕生
  • 丘陵地の八事エリアにおいて、駅・主要施設までフラットアプローチ
  • 第一種低層住居専用地域の閑静な住宅街×南垂れの立地だから叶う「八事眺望生活」

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

八事自転車生活のススメ【1】『八事』駅まで約5分、自転車ラクラク通勤!

201410DSC03034

【プラウド八事テラス】の最寄り駅は、地下鉄鶴舞線・名城線の『八事』駅。
前回のレポートでもご紹介した通り、徒歩でアクセスすると約12分足らずの距離ですが、
自転車を利用すれば、朝の貴重な通勤時間をショートカットすることができます。

中でも、注目したいのは『八事』駅までの自転車ルートも坂道のないフラットアクセスだということ!
凹凸の多い道路だと、自転車アクセスはかえってストレスにつながりますが、
坂道がなく、ストレスフリーで快適通勤がおこなえるという点は、実に魅力的ですよね?

そこで今回は、今人気のスタイリッシュサイクル『ハイディ』を使って、
『パパの毎朝の自転車通勤』をシミュレーション!
駅まで何分かかるのか?をストップウォッチで計測してみました。

※正確な所要時間を計測するため、写真撮影時は一時停止にして計測しました。
※所要時間は、天候や信号の状況によっても異なります。あくまでも目安として参考にしてください。

自動車は『逆一方通行』、
だから、背後からの車を気にすることなく快適自転車走行が可能!

201410DSC030451111 201410DSC03039
201410DSC030461111
▲いざ、自転車に乗ってマンション前を出発!
現地周辺の道路は、地元の方の車が通り抜ける程度で、自動車の往来が少ない静かな道路。
歩きのときよりも少し高い目線で自転車のサドルから周辺を眺めていると、
改めて“静かで美しい街だなぁ”と実感することができます。
こんな穏やかな風景を眺めながら、毎日の自転車通勤がスタートします。
そして、ひとつめの角を曲がると・・・・・・

※現地周辺の街並み・・・・・・約100m/2014年10月撮影。

201410DSC03047
201410DSC03048 201410DSC03049
▲『表山小学校』の校舎が見えてきます。
ここから『八事』駅方面へ向かう道路は、自動車の『逆一方通行』。
つまり、道路上ですれ違う車は、前から走ってくる自動車のみで、
背後から車輌が迫ってくることはありません。
“前方の安全確認”をしっかりおこなっておけば安全走行ができるという点は、
自転車で走っていても安心できるポイントですね!

※表山小学校周辺の風景・・・・・・約170m/2014年10月撮影。

201410DSC03052 201410DSC02797
201410DSC03054 201410DSC03106
▲『逆一方通行』の道路(上左の写真)を抜けると『音聞坂』の三叉路(上右の写真)に到着。
ここからは道路幅が広がるため、やや交通量が増えてきます。
しかし、今回自転車走行をして何より感激したのは、地元の皆さんの交通マナーの良さ!
駅までの走行途中に、路肩に車を停めるマナー違反の路上駐車車輌がまったく無く、
自転車での路肩走行がスイスイと快適におこなえました(※)。
(これも“八事”の土地柄なのかもしれませんね!)
歩道を走行する場合は、歩行者への安全配慮をして、
走行スピードを緩めなくてはいけない時間も多々ありますが、
スムーズに路肩走行ができる、という点も『自転車通勤』の快適さと言えそうです。

※道路交通法上では、自転車は軽車両の扱いになるため、本来は車道左側の白線上またはその外側(路肩部分)を走行することがルールになっています。歩道の走行は『車道走行の危険性』がある場合にのみ、歩行者優先で走行が認められます。
※音聞坂周辺の風景・・・・・・約700m/2014年10月撮影。

201410DSC03108 201410DSC03063 
201410DSC03061111
▲こうして、快適に路肩走行をするうちに『八事南』の交差点に到着!
途中唯一の信号となる『八事南』の横断歩道を渡ると
『八事駅自転車駐車場』があります。
ちなみに、マンション前からここまでの所要時間は4分15秒でした!

※八事南交差点周辺の風景・・・・・・約900m/2014年10月撮影。

駐輪場からは直接『八事』駅の改札へ!
自転車と改札の距離が近いからラクラク!


201410DSC03065 201410DSC03067
201410DSC030701 DSCF634111111
▲こちらの『八事駅自転車駐車場』は、名古屋市が運営している駐輪場。
電動のベルトコンベアが設置されているので、自転車の出し入れも苦になりません。
また、駐輪場からは地下鉄『八事』駅に直結していて、改札口がすぐ目の前に!
自転車を置いた後の地下鉄への移動もラクラクなのです。
ちなみに、マンションから最寄りの2番出口は、
『八事』駅に6ヶ所ある出入口の中で“唯一”、地下駐輪場が併設されています!
結果、マンションから駐輪場場内までの所要時間は、5分16秒でした!

※八事駅自転車駐車場・・・・・・約900m/2014年10月撮影。

いかがでしたか?

●自転車を使えば『八事』駅まで約5分。
●坂道のないフラットアプローチだから、自転車走行もスイスイ・ラクラク。
●駅までは交通量の少ない『逆一方通行』が続き、音聞坂ではスムーズ『路肩走行』可能。
●駅前に広大な駐輪場が完備されていて、そのまま駅まで直結。

この恵まれた条件を考えてみると、
“毎日の自転車通勤が楽しく快適におこなえそうだ”ということが
おわかりいただけたのではないでしょうか?

なお、先ほどご紹介した『八事駅自転車駐輪場』については、
一般の利用料が1回100円、1ヶ月の定期利用なら2000円、3ヶ月だと5500円。

朝5:15から深夜0:45まで、始発から終電の時間に合わせて利用可能となっています。

3ヶ月定期にすれば、1日約60円で利用できる計算になりますから、
利用希望の方は、管理事務所で定期利用の申し込みをおこなってみてくださいね!
※高校生以下の駐輪は1回100円、1ヶ月1500円、3ヶ月4000円です。

■次回更新予定日/2014年10月29日水曜日予定
※更新予定日は実際の更新日と異なる場合があります。
【03-2014.10】


PAGE TOP

関連リンク
この物件の注目ポイント