徹底レポートそのうち

大和ハウス工業 (愛知県名古屋市天白区)

  • 地下鉄桜通線「相生山」駅から「名古屋」駅へ直通
  • 第一種低層住居専用地域、南垂れの高台に建つ2棟の低層マンション
  • 「相生山」駅までは、戸笠公園の中の並木道を通る緑豊かな道のり

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko 住宅ライター

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

ステップ3で総仕上げ!スッキリ暮らせる整理収納のコツ

前回に引き続き、【プレミスト相生山】のモデルルームで行われた、
整理収納セミナーの様子をお届けします。

さて上手な整理収納の実践には“3つのステップ”があり、
ステップ1「モノを減らす」、ステップ2「わける」のコツは、前回お伝えした通り。

IMG_7095
▲ステップ3「収める」ではモデルルームの収納を使い、
高原さんによるレクチャーは展開されました。

IMG_7089
▲こちらは洋室2のクローゼット。
棚板とハンガーパイプを組み合わせ、内部を上・中・下段に分けてあります。
収納スペースを上手に使うには、使用頻度に応じて“収める”ことがポイントだと、
教えてくれた高原さん。

上段:ごくたまに使うモノ
中段:いつも使うモノ
下段:ときどき使うモノ

収納には“ゴールデンゾーン”と呼ばれるエリアがあり、概ね腰からの目の高さまでを指します。
人の目線と手が届きやすいエリア=ゴールデンゾーンに使用頻度の高いモノを収めることで、
収納の使い勝手は向上するんですよ。

このクローゼットでは、中段のハンガーパイプに普段よく着る服をかける収納提案がされています。
右と左ではハンガーパイプの高さが違いますよね?
大人と子どものゴールデンゾーンの違いが分かるよう、工夫されているんですよ。
棚板もハンガーパイプも高さが自由に変えられるので、使いやすい高さに合わせられますね♪

IMG_7097
▲なお、棚板とハンガーパイプを追加したい場合は、オプション商品として選べるそうです。
詳しくは販売担当者さんまでお尋ねください。

広いからこそ上手に使いたい、主寝室のウォークインクローゼット

続いて、主寝室のウォークインクローゼットへ。

IMG_7098
IMG_7100 IMG_7099
▲ここには上段に固定式の棚板とハンガーパイプが標準仕様として設置されています。
ウォークインクローゼットはスペースが広いので、大型品の収納に適していますが、
取り出しやすさを考え、キャスター付きの収納家具やモノを収めると使い勝手がアップ!
さらには、スーツやワイシャツなどビジネスウェアの収納として活用されることも多い場所ですから、
ネクタイや時計、名刺ケース等のビジネス小物もしまえるように、
小物トレイやネクタイラック等のオプション商品を取り付けると、朝の身支度もスムーズ。
これは前回お伝えした「一緒に使うものをまとめる」という視点で考えたモノの分け方ですね。

すでにモデルルームをご覧になった方ならお分かりかもしれませんが、
【プレミスト相生山】は収納力にもこだわったマンションとなっています。

今回、高原さんのお話を聞き、標準仕様にオプション品をプラスすることで、
収納スペースはさらに使いやすい場所になるのだと分かりました。

IMG_3359
▲ちなみにわたしが見つけた“いいねポイント”は廊下に設けられた物入。
ここにハンガーパイプをプラスすれば、来訪者のコートや荷物をしまえる、
クローク的な役割も果たしてくれます。

なお、オプション商品には有償・無償のものがあり、かつ申込期限も設定されていますので、
詳しくは販売担当者さんへお尋ねください。

今回のように【プレミスト相生山】マンションギャラリーでは、
新生活に役立つイベントを今後も開催される予定だそうです。
快適なマンションライフを手にするために、こうしたイベントへ参加して
情報収集されてはいかがでしょうか?

相生山完成イメージ
▲さて、わたしのレポートも今回で最終回となりました。
最寄り駅の地下鉄桜通線「相生山」駅から徒歩6分圏内(※)。
生活利便施設が充実しつつ、自然も豊かな相生山。
わたしも取材に訪れるたび、色んな魅力を見つけました。
ぜひ皆さんも現地とマンションギャラリー双方へ足を運び、周辺環境と建物の良さを探してくださいね。
短い間でしたが、ご愛読ありがとうございました!

※戸笠池(アクアテラスより約30m、ウインドテラスより約90m)から
現地方向を撮影した写真(2013年9月撮影)にアクアテラス外観完成予想図を合成したもので
実際とは多少異なる場合があります
※相生山駅1番出入口/Aより約400m(徒歩5分)・Wより約450m(徒歩6分)
※戸笠公園内を通らず公園東側から北側の外周道路を歩いた場合、
「相生山」駅1番出口よりAまで約410m。Wで約460mとなります

※写真撮影年月:平成26年4月
※掲載の写真はAC2タイプのモデルルームを撮影したもので、
間取り・仕様はオプション商品を含みます。
また家具・調度品などは販売価格に含まれていません。
※写真に写っているはハンガーパイプなどの金物関係は有償オプションになります。
詳しくは係員までお問合せください。

【04-2014.4】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント