徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス・相鉄不動産・丸紅 (東京都新宿区)

  • 日本最高階数の60階建てタワーマンション ※
  • 東京都庁や新宿中央公園のある西新宿、「西新宿5丁目」をホームタウンにする暮らし
  • 施行区域面積約15,000平米の再開発計画
※過去に日本国内で販売された分譲マンションの中で最高階数(2014年4月30日現在(株)不動産研究所調べ)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

モデルルームの見どころをレポート!スパンの広さや収納に注目

DSC01988

現在、レジデンスギャラリーにて
モデルルームが公開中の「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」。

広さやタイプ、内装の違う2つのモデルルームが見られるので
暮らしをイメージしやすく、設備・仕様や収納の細かい部分も確認できます。

今回の記事では、モデルルームの
「75H1タイプ(78.96平米、2LDK+SIC、モデルルームプラン)」を中心に
「ここはじっくりチェックしてほしい!」と思ったポイントを紹介したいと思います。

スパンが長いから、採光部が広い!バルコニーも要チェック

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」のプランニングの特長のひとつが
“スパン(間口)が長い間取りが充実している”ということです。

バルコニーに面する採光部が広く取られているので
外からの光が届きやすく、開放的な室内になります。

DSC01983
▲モデルルーム「75H1タイプ」のリビング・ダイニング。

こちらのプランは約8.6mのスパンが確保されていて
標準プランでは、リビング・ダイニングと2つの洋室、つまり3部屋が
バルコニーに面して横に並ぶ配置になっています。

モデルルームでは、3LDK+SICから2LDK+SICにアレンジしているので
約5.9mの幅のあるリビング・ダイニングに。

バルコニーに出入りできる掃出し窓と、下部に家具を置くこともできる腰高窓があり
明るさを感じられそうです。

こちらのリビング・ダイニングの隣には、
約10.2畳の洋室1があります。

DSC02055 DSC01997
▲モデルルームでは寝室としてコーディネイトされている洋室1。

バルコニーに面した掃出し窓があり、明るさと風通しが得られそうです。
壁面もしっかり取られているので、家具を壁にぴったりと寄せて効率よく配置できています。

ダブルベッドに加えて、リラックス用のチェアやドレッサーを置いてもまだ余裕がありますね。

スパンが長いということは、その分、バルコニーも広くなります。

DSC01989 DSC01990
▲「75H1タイプ」のモデルルームのバルコニー。
高層タワーマンションの中には、バルコニーが設けられていない物件もありますが
こちらには広々としたバルコニーがあります。
窓ガラスを通さず、ダイレクトに都心の朝焼けや夕暮れ、夜景を一望できるんですね!

収納スペースの豊富さと、使いやすさにも注目です

他に、「75H1タイプ」のモデルルームの間取り図を見て
「なかなか良いな」と思ったのは、収納スペースがしっかりと取られている点です。

DSC02025
▲「75H1タイプ」の間取り図です。
緑色でマーキングした部分が収納スペース。
洋室1洋室2にクローゼットが設置されていますが、
それだけでなく、玄関のシューズインクローゼットや廊下の物入など
容量の大きな収納がしっかりと設けられています。

DSC01998 DSC02000
▲こちらは、洋室1のクローゼット。
ほぼ床から天井までの高さがあるので、棚板の高さを変えるなどして
使いやすくアレンジできそうです。

また、掃除用具などを入れておくのに適した物入にも
使い勝手に配慮された工夫が見て取れます。

DSC02003 DSC02004 DSC02005
▲こちらも、高さのある洋室1の収納。

廊下に近い場所は物入になっていて、スティックタイプの掃除機が収納しやすいよう
可動式のバーが設けられていたり、棚板の奥行きが変えられていたりと
さりげない工夫がされているんです。

収納の壁面にはフックも付いていて、ハンディモップなどを掛けておくこともできます。

ただ単に「たくさんの収納スペースがある」というだけでなく
廊下には物入、洗面室にはリネン庫、キッチンやトイレには吊戸棚……という風に
“適材適所”の配置がされているのもポイントです。

DSC02024 DSC02019
▲玄関には、約1.2畳のシューズインクローゼットが設置されています。
家族全員分の靴や傘に加えて、アウトドア用品やゴルフバッグなども入れておけます。

DSC02018 DSC02022
▲シューズインクローゼットはその名のとおり「靴のまま入れる」収納で、
床が玄関とひと続きになっています。
共用廊下には出しておけないけれど、室内に持ち込むには汚れが気になるもの、
例えば、ベビーカーやキャリーカートの収納場所としても適しています。

「ザ・パークハウス 西新宿タワー」には、他にも
ウォークインクローゼットや、キッチンのパントリー(食品庫)、
容量のある納戸などが用意されているプランがあります。

ファミリー向けの3LDKプランも充実していますから
プランについて気になることがある方は、レジデンスギャラリーにお問合せしてみてください。

DSC02057
▲レジデンスギャラリーには、内装のカラーモデルも展示されています。
明るい「SKY(スカイ)」と、落ち着いた色味の「SENSE(センス)」、
中間色の「SEASONS(シーズンズ)」の3パターンから無償でお好きなものを選べます。

モデルルームの見学からプラン選び、資金計画など
週末を利用して進めることを考えると、
なるべく早めにレジデンスギャラリーを訪れておくのがベターです。

実際の住み心地をイメージしながら、プランの工夫や細かい部分など
ご自身の目でしっかりとチェックしてみてくださいね。

(※掲載の写真は2015年3月の「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」レジデンスギャラリーのもので、
エアコン・造作家具・照明・装飾用小物、有償オプション等も含まれています。
また、家具・調度品等は販売価格には含まれません。
カラーセレクト等の申込には期限があります。詳しくはレジデンスギャラリーへお問い合わせください)


PAGE TOP

この物件の注目ポイント