徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス・相鉄不動産・丸紅 (東京都新宿区)

  • 日本最高階数の60階建てタワーマンション ※
  • 東京都庁や新宿中央公園のある西新宿、「西新宿5丁目」をホームタウンにする暮らし
  • 施行区域面積約15,000平米の再開発計画
※過去に日本国内で販売された分譲マンションの中で最高階数(2014年4月30日現在(株)不動産研究所調べ)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

東京おもちゃ美術館をレポート Vol.2【木のおもちゃがたくさん!】

東京おもちゃ美術館

今回は、「東京おもちゃ美術館」の人気スポットをレポートします。

小学校の校舎だったという建物は、懐かしさとワクワク感があり
大人も子どももずっと遊んでいたくなるような空間です。

「美術館」という名前ですが、展示されているおもちゃのほとんどは
実際に触って遊ぶことができます。
おもちゃや人とふれあいながら、さまざまな体験ができるミュージアムです。

木のぬくもりや楽しさをいっぱいに感じられる「おもちゃのもり」

2階にある「おもちゃのもり」は、九州のヒノキ材を敷き詰めた居心地のいい空間。
靴を脱いで利用します。

東京おもちゃ美術館
▲無垢材で作られた階段のある「センターハウス」は、元気な子どもたちの冒険の場。
森の中に迷い込んだような楽しさもあります。

あちこちに木に触れて遊べる個性的なブースが作られていて
大人もつい「へぇ~面白い!」と興味を惹かれてしまいます。

東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
▲「木の砂場」と名付けられたこちらには、
約2万個の木のボールがぎっしり詰まっていて
中に入ると、何とも不思議な気持ちよさが味わえます。

プラスチックのボールプールはよく目にしますが
木を使ったものは初めて見ました。
周りの枠はレールのような形になっていて、ボールを転がして遊ぶこともできます。

東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
東京おもちゃ美術館
▲木の穴に“虫”が入っていて、磁石の力で引っ張り出せるようになっているおもちゃや
そろばんの玉がいっぱいに詰まった箱は、いつも子どもたちに大人気。

他にも、木を組み合わせて大工さん気分が味わえる「たくみのこや」や
お人形遊びができる「どーるはうす」、
かつて音楽室だったというこの部屋の黒板に
マグネット式のモチーフをくっつけて遊べるコーナーなどがありました。

あかときいろ、色とテーマが異なる2つの「おもちゃのまち」

3階にはおもちゃ作りが体験できる「おもちゃこうぼう」と
「ゲームのへや」、「おもちゃのまち あか」、「おもちゃのまち きいろ」があります。

東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
▲日本の伝統的なおもちゃに触れられる「おもちゃのまち あか」。
昭和レトロな雰囲気もあり、ちょっと別世界に迷い込んでしまったような、不思議な空間です。
貴重な琉球玩具にも目を奪われました。

東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
東京おもちゃ美術館
▲竹とすだれで囲まれたこちらは、なんと小さな茶室。
ごっこ遊びの場としてだけでなく、定期的に本格的なお茶会も開かれているそうです。

東京おもちゃ美術館
東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
▲隣の「おもちゃのまち きいろ」は、開放感のある“ひらめき”の部屋。
科学おもちゃや世界の木のおもちゃで遊べます。

野菜の形をしたおもちゃを収穫して、おままごとができる「ごっこファーム」では
大根を抜く、きのこを採るといった疑似体験ができて、私もつい夢中になってしまいました。
遊び終わったら、今度は「植える」感覚でお片付け。

そして、子どもはもちろんですが、
もしかしたら大人の方が病み付きになってしまうかもしれない部屋がこちらです。

ゲームのへや ゲームのへや
▲世界のアナログゲームを集めた「ゲームのへや」。
国際試合も行われるというテーブルサッカーや難易度の高いパズルなど
世代や男女を問わず、本気で取り組んでしまいそうなゲームが満載です。

グッド・トイに触れたり、木のおもちゃを購入することもできます

2階の受付の近くには「グッド・トイ てんじしつ」や「ミュージアムショップ Apty」、
テーマごとにおもちゃを展示する「きかくてんじしつ」があります。

グッド・トイ
グッド・トイ グッド・トイ
▲「グッド・トイ」の常設展示室は、こちらが日本初なのだとか。
もちろん、見るだけでなく、実際に遊んでその楽しさを感じることができます。
遊び方が分からないものがあっても、スタッフの方が優しく教えてくれますよ。

私が「これ、欲しい!」と思ったのは
旭山動物園の動物が描かれた木のパズル。
正しく組み合わせるだけでなく、“新種”を作って遊ぶのも楽しいのです。

東京おもちゃ美術館 東京おもちゃ美術館
▲「ミュージアムショップ Apty」は、
「メイド・イン・ジャパン」にこだわったおもちゃのセレクトショップです。
「グッド・トイ」や館内の人気のおもちゃ、日本で昔から親しまれてきたおもちゃが購入できます。

「東京おもちゃ美術館」は、木の美しさや作品を見て楽しめる所でもあり、
五感が刺激される遊び場でもあり、学んだり、体験したりといったこともできる施設です。

イベントやワークショップなども定期的に開催されているので
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

■東京おもちゃ美術館
東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
電話:03-5367-9601
開館時間:10:00~16:00(入場は15:30まで)※「赤ちゃん木育ひろば」のみ15:30まで
休館日:木曜日(別途特別休館日あり)
入館料:こども500円(2歳以下は無料)/中学生以上700円
ペア券・団体割引あり


PAGE TOP

この物件の注目ポイント