徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス・相鉄不動産・丸紅 (東京都新宿区)

  • 日本最高階数の60階建てタワーマンション ※
  • 東京都庁や新宿中央公園のある西新宿、「西新宿5丁目」をホームタウンにする暮らし
  • 施行区域面積約15,000平米の再開発計画
※過去に日本国内で販売された分譲マンションの中で最高階数(2014年4月30日現在(株)不動産研究所調べ)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

コミュニティイベント「西新宿 CLASS in the forest」開催!vol.1

西新宿 CLASS in the forest

1月20日(火)、「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」で行う
コミュニティ支援プログラム「西新宿 CLASS in the forest」の
第1回目となるイベント「HOMETOWN MEETING」が開催されました。

「西新宿 CLASS in the forest」においては、
マンション入居前の2015年から、入居後の2020年までの6年間にわたり
「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」にちなんで、全60回のプログラムが予定されています。

今回は、コーディネーターやナビゲーターの方による
プレゼンテーションやパネルトークが行われ、
マンション購入検討者の方や、メディア関係者など、たくさんの参加者が
熱心に耳を傾けていました。

荒昌史 多田千尋 水谷伸吉 秋本真吾 吉高美帆
▲今回の「HOMETOWN MEETING」のパネリストの方々。

左から、一般社団法人「アスリートソサエティ」かけっこマイスター・秋本さん、
「Community Crossing Japan」の研修ディレクター・吉高さん、
一般社団法人「more trees」の事務局長・水谷さん、
「東京おもちゃ美術館」館長・多田さん、
「HITOTOWA INC.」の代表・荒さんです。

今回のトークイベントのテーマは、
「触れる自然・共助の防災減災・国際先進都市としての多様性」ということで
各分野のスペシャリストの方々による、多彩なお話を聞くことができました。

堅苦しくない、温かさのあるコミュニティづくりが期待されます

まずは、「西新宿CLASS in the forest」のコーディネーターであり、
この日の司会進行役でもある荒さんが、
「西新宿CLASS in the forest」の概要と、各登壇者について説明。

HITOTOWA INC. 代表 荒昌史
▲マンションディベロッパーに勤務し、企業のCSR全般に携わった経歴を持つ荒さん。

2010年に「HITOTOWA INC.」を創設。
集合住宅を軸にした人々のつながりをつくることで都市の社会課題を解決する
「ネイバーフッドデザイン事業」をはじめ、
CSR/CSVコンサルティング事業、ソーシャルフットボール事業などを展開しています。

「西新宿CLASS in the forest」は、
入居前から入居後の6年間にわたり、全60回のプログラムを行う「CLASS 60」
マンションの住民の方のアイデアを形にする「CLASS I」という
2本の柱で構成されるそうです。

これまで数々のマンションのコミュニティ形成に携わってきた荒さんにとっても
「入居前から、このような形でイベントが実施されるのはなかなかないこと」なのだとか。

そして、マンションと再開発計画について
以前もこちらのサイトでインタビューを行った
三菱地所レジデンス 街開発事業部の柴田さんが分かりやすく解説してくれました。

三菱地所レジデンス 街開発事業部 柴田氏
▲「地元の方を含め、およそ20年間にわたって計画されてきた再開発で
防災性の向上や、土地の高度利用などが期待されています」と柴田さん。

毎年9月に行われる「新宿十二社熊野神社」の例大祭の賑わいや
都庁の展望室から西新宿の街を眺めたときに実感した緑の多さ、
多様性、活気など、この街の良さを活かしながら、
街と人、自然とが“馴染む”マンションになればとお話しされていました。

柴田さんのお話で印象的だったのは
「コミュニティづくりというのは、『与えられるもの』ではなく
住民の皆さんが率直に思ったことを話し合い、
関わっていく中で、自然と生まれるものであっていいのでは」という言葉でした。

この後に、進行役である荒さんも
「コミュニティ形成というと、だんだん息苦しさを感じてしまったり
『参加しない』と言いづらいのでは……という懸念が生じることもあります。

そのために、特に都心部では“関わらない暮らし”になりがちですが
私たちが目指しているのは、そういった堅苦しい繋がりではなく
プライバシーを大切にしつつ、気持ちのいいコミュニティづくりです」と語っていました。

共用施設の「木育ひろば」は、多世代の方が心地よく過ごせそう

続いてお話をされたのは、「東京おもちゃ美術館」館長の多田さん。

東京おもちゃ美術館 館長 多田千尋 東京おもちゃ美術館 館長 多田千尋
▲芸術教育研究所所長や早稲田大学の講師でもある多田さん。
小さいころから新宿区に住んでいたそうで、西新宿は愛着のある街なのだとか。

廃校になった小学校の校舎を利用した「東京おもちゃ美術館」は、
木の温もりを感じられる、親子のための遊び場です。

多田さんが館長を務める「東京おもちゃ美術館」には
国産の木材を使用したさまざまなおもちゃと、プレイスペースがありますが
特に0~2歳の赤ちゃんのための空間「赤ちゃん木育ひろば」は
泣いている赤ちゃんが少ない、携帯をいじっているママがいない、
パパが帰りたがらない……など、親子が心から楽しめる場所なのだそうです。

マンションの共用部には、「ENGAWA」と名付けられた
日本家屋の縁側にインスパイアされたコミュニケーションのための空間が設けられます。

その中に、「東京おもちゃ美術館」のノウハウが詰まった
キッズスペース「木育ひろば」が設置される予定です。

木育ひろば ザ・パークハウス 西新宿タワー60
▲「ENGAWA」には、杉無垢材を使用し、縁側風の「小上がり」を配した土間スペースや
靴を脱いでくつろげる和室もあります。

豊かな緑を眺めながら、こんなスペースでリラックスできたら
住民の方同士のお喋りも弾むのではないでしょうか。

こちらの「木育ひろば」にも、職人さんが杉の木から削り出したベンチや
国産材を使ったおもちゃがたくさん用意されるそうです。

お子さんのいるファミリーだけでなく、多世代の交流を育む場にもなるかもしれませんね。

木育ひろば ザ・パークハウス 西新宿タワー60
▲「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」のレジデンスギャラリー内には
「東京おもちゃ美術館」が監修した「木育おもちゃひろば」が設置されています。
ぜひお子さんと一緒に訪れてみてください。

次回も、こちらの「HOMETOWN MEETING」の模様をお届けします。
どうぞお楽しみに。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント