徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス・相鉄不動産・丸紅 (東京都新宿区)

  • 日本最高階数の60階建てタワーマンション ※
  • 東京都庁や新宿中央公園のある西新宿、「西新宿5丁目」をホームタウンにする暮らし
  • 施行区域面積約15,000平米の再開発計画
※過去に日本国内で販売された分譲マンションの中で最高階数(2014年4月30日現在(株)不動産研究所調べ)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

再開発事業やマンション共用部についてインタビュー…vol.1

西新宿 再開発 三菱地所 マンション 西新宿 再開発 三菱地所 マンション

「西新宿五丁目中央北地区市街地再開発事業」の中心である
「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」。

今回は、「西新宿五丁目中央北地区市街地再開発事業」及び
「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」について、どのような計画になるのか、
どんな暮らしが送れるのか、といったことをレポートしたいと思います。

インタビューしたのは、西新宿五丁目中央北地区市街地再開発組合 事務局長の菊地氏と
三菱地所レジデンス株式会社の開発担当者 柴田氏です。

昔ながらの商店街から、より防災性や景観に配慮された街へ

ライター熊谷:現在再開発事業が進められている、西新宿五丁目中央北地区というのは
元々、どのような地域だったのでしょうか。

再開発組合 菊池氏:かつては、米屋や魚屋、金物屋、肉屋などの個人商店が軒を連ねる
「けやき橋商店会」を中心とした街で、古い一戸建てなども集まっていました。

1923年(大正12年)の関東大震災の際、大きな被害がなかったことから
新宿一帯にたくさんの人々が流れ込み、生活の基盤を築いていったと言われていますが
「けやき橋商店会」もそんな時代の流れに乗ってか、
雨の日などは行き交う人同士の傘がぶつかり、前に進めないほどの賑わいだったそうですよ。

けやき橋商店会
▲今はまだ施行区域内に残されている「けやき橋商店会」のアーチ。
この道路は、再開発によって整備され、姿を消しますが
より通行しやすく、防災性にも配慮された地域へと生まれ変わります。

ただ、時代の変化と共に、人の流れが変わり、建物も老朽化してきました。
お店を閉めてしまう方も増えてきましたし、
火災の発生など、防災上の問題も軽視できなくなってきました。

街のためにも、人のためにも、
より環境を整えて、良い街にしていきたいという機運が高まってきたのです。

三菱地所レジデンス 柴田氏:以前は道路の幅員が2mほどの場所もあり、
万が一の災害時、緊急車両の進入が困難という問題も抱えていました。

再開発事業によって区画道路は10~12mの幅員が確保されますし、
歩道状空地や広場状空地といった公開空地も整備されますから、
防災性の向上に加えて、景観面や
暮らす上での心地よさにも配慮された地域になると思います。

公開空地は地域の防災拠点としての役割も担っており、
また、「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」では
開発区域内に地域の防災倉庫を設置したり、
災害時に共用施設の一部を一時避難場所として提供するといったことも計画しています。

西新宿五丁目は、便利さと下町らしい温かさもある街

ライター熊谷:再開発事業によって、より暮らしやすく、
防災面にも配慮された街になることが期待されるというわけですね。

ただ、この街が昔から大切にしてきた“良さ”は残して欲しいという
お気持ちもあるのではないでしょうか。

再開発組合 菊池氏:この辺りの昔馴染みのお店というのは、
そこに暮らしながら商売を営む自営業の方が多く、
ちょっとした買い物の際にも挨拶や会話をしたり、お客さん同士が道で井戸端会議を楽しんだりと
“人と人との繋がり”が息づいている街なのです。

そして、新しくコミュニティに入ってくる人も温かく受け入れる、“懐の深さ”もある。

「新宿十二社熊野神社」の9月に行われる例大祭は
大変な賑わいを見せるのですが、そこでお神輿を担いでいる人を見ると、それがよく分かると思いますよ。
お子さんからお年寄り、昔からここに住んでいる人、新宿で働いている人、外国人の方もいます。
みんなで街を盛り上げていこう、コミュニティを築いていこう、という雰囲気があるのです。

この街は、住宅街であり、昔から人々に愛されてきた街でもある一方で
下町らしい気持ちの良さや人情味、温かさもしっかりと残っています。

以前からここに暮らしてきた人と、新しくマンションに住む人、
双方が自然と顔馴染みになり、新旧が気持ちよく融合した暮らしを送れるといいなと思います。

西新宿 再開発 三菱地所 マンション 西新宿 再開発 三菱地所 マンション
西新宿 再開発 三菱地所 マンション 西新宿 再開発 三菱地所 マンション
▲建設地周辺を歩いてみると
どこか懐かしい、下町のような雰囲気の風景に出会うこともあります。
「西新宿=オフィス街」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが
実際に歩いてみると、足元には“暮らし”を感じる、味わいある街並みが広がっています。

三菱地所レジデンス 柴田氏:実際に西新宿に暮らしている方からも
「いつも人の目を感じるので、小さい子どもを育てていても安心感がある」とか
「親子二世代にわたって暮らしていて、とても愛着を持っている」といった声も聞かれました。

地下鉄やバスなどの交通網も発達していますから
子育て世帯の方、都心で働いている方、シニア世代の方など
さまざまな世代の方にとって便利で暮らしやすい街だと思います。

「西新宿」という街は、穏やかな住宅街と、再開発により建てられたタワーマンションや
オフィスビルが共存する街で、また、医療の街、公園や緑の多い街……と、
一言で説明するのは難しい、多様性を含んだ街だと思います。

それも、先ほどのお話にもあった“懐の深さ”といえるのかもしれません。

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」では、
公開空地の広場を、祭礼の際の神酒所にするといった計画もあり、
居住者の方と地域の方が自然と交流できるような工夫もしていく予定です。

================================

西新宿の多様性や味わい深さ、人と人とが触れ合う温かさを残しつつ、
さらに防災性や景観に配慮された街に変わるということで、
建設地周辺の街並みを取材している私としても、これからの変化が楽しみです。

次回は、公開空地のランドスケープデザインや共用施設、
植栽計画などについてのインタビューの模様をお届けしたいと思います。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント