徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス・相鉄不動産・丸紅 (東京都新宿区)

  • 日本最高階数の60階建てタワーマンション ※
  • 東京都庁や新宿中央公園のある西新宿、「西新宿5丁目」をホームタウンにする暮らし
  • 施行区域面積約15,000平米の再開発計画
※過去に日本国内で販売された分譲マンションの中で最高階数(2014年4月30日現在(株)不動産研究所調べ)

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり、住宅ポータルサイト編集者出身、という強みを活かして日々奮闘中。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

高層ビル群の開放的な街並み!ポイントは「公開空地」にあり

高層ビル群 西新宿

東京都庁をはじめとする、西新宿の高層ビル街の中を歩いてみると、
とても開放的な気分が味わえます。

遠くから眺めると、高層ビルが密集しているように感じるこのエリアですが
足元には、幅の広い歩道や緑に彩られた広場などの“余白”がたくさんあるんですね。

都内のオフィス街でも、建物と建物がひしめき合うような所もあるのに
どうして西新宿は、こんなゆとりある街並みになっているのでしょうか。

街並みにゆとりを感じる理由のひとつは、「公開空地」

西新宿の街に、建物が建っていない“余白”がたくさんあるのには
いくつかの理由がありますが、そのひとつが「公開空地(こうかいくうち)」というもの。

ちょっと難しい法律のお話になりますが、
建築物を建てる際は、その土地それぞれの条件によって定められた
「建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)」や
「容積率(敷地面積に対する延べ床面積の割合)」、高さなどの制限を守らなければなりません。

ただし、これらの制限を緩和する制度もあります。
それが「特定街区」や「総合設計制度」といったもの。

総合設計制度
▲たとえば、「総合設計制度」の場合、
一定割合以上の空地を有する建築計画については、
容積率や高さなどの各制限が緩和されます。

ちなみに「公開空地」とは、そのビルなどの敷地ではあるのですが
一般に開放されており、歩行者や周辺に住む人などが自由に通行できます。

建物が密集しているわけではないので、
空間にゆとりがあり、道だけではなく空を見上げた時にも
開放感が得られるんですね。

公開空地
公開空地 公開空地
▲西新宿の高層ビル街を歩いていると、このようなオープンスペースをたくさん目にします。
道路ギリギリまでビルが建ってしまっている訳ではないんですね。

緑が豊かで、季節ごとに移り変わる景色も楽しめる街

ゆとりが確保された歩道には、統一感のある街路樹が並んでいて
四季折々の景色が楽しめるのも、この街の魅力の一つです。

DSC03829
DSC03863 DSC03819
▲オープンスペースや歩道上では、たくさんの植物を目にすることができます。
街路樹や花壇はよく管理・手入れされていて、綺麗な景観づくりに一役買っています。

開放感のもうひとつの理由は、「空」にあり!

また、空を見上げて、ふと気づいたことがありました。
よく道路で見かける“あれ”がないんですね。

aDSC04649 DSC03855
▲左は「新宿中央公園」の東側を通る公園通り、右は中央通りの写真です。
気付きましたか? そう、“電線”がないんです。

街路樹がよく映えて気持ちがいいだけでなく、
台風などの災害で電線が損傷する可能性が低く、電柱もないため歩道が通行しやすくなるなど
「電線のない(地中化された)街」には様々なメリットがあります。

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の建設現地も
再開発の完了後には、このような電線のないスッキリとした景観になるそうです。

既に取材などで何度も西新宿を歩いている私ですが
晴れた日などは特に、他の街では味わえないような気持ちよさを感じます。

日差しが強い日も、木陰を選んで歩けたり
風が心地よく抜けていくのを感じたりと、自然に包まれている気持ちよさが味わえるんです。

もし、西新宿に「コンクリートの建物がギュウギュウに集まって、圧迫感のある街」という
イメージを持っているなら、一度のんびりお散歩してみてはいかがでしょうか。

きっと「ゆったりとして、緑が多く、気持ちがいい街」という風に
印象がガラリと変わると思います。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント