徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス (神奈川県鎌倉市)

  • 江ノ島の海に近い※、鎌倉の住宅地。南雛壇状の高台
    (片瀬海岸東浜海水浴場まで約590m)
  • 全区画2台カーポートを想定した、土地面積200平米台中心のゆとりある区画
  • 腰越・目白山界隈は、明治・大正期の名士の別荘地

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

『鎌倉の春』満喫!片瀬山公園~長谷~鎌倉へ!

201503DSC061921 SONY DSC
▲全国に先駆けて、東京の桜の標準木の満開宣言が発表された2015年3月30日、
【鎌倉・腰越の丘 住宅地】の最寄り駅である
湘南モノレール『目白山下』駅に降り立ってみると、
右手に見えるこんもりとした山の中腹にちらほらと桜の姿が確認できました。
この“こんもりとした山”の正体は、
地元でお花見スポットとしても知られている『片瀬山公園』。
開花状況を確認するため、現地へと向かってみました!
(ちなみにこの日は、湘南の海に浮かぶ大型船の姿も肉眼で確認できるほどの“花晴れ”でした)

※上・下:写真は『目白山下』駅ホームから眺めた【鎌倉・腰越の丘 住宅地】と湘南の海・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2015年3月撮影。

片瀬山公園の桜は、今週末が見ごろとなりそうです!


201503DSC06198111
▲『片瀬山公園』までは、『目白山下』駅から徒歩1分。
【鎌倉・腰越の丘 住宅地】現地からは徒歩3分ほどの距離にあります。

※以下すべて片瀬山公園・・・・・・現地より徒歩3分(約200m)/2015年3月撮影。

この『片瀬山公園』は、もともと『竜口山』と呼ばれ、
村の守り神である“五頭の竜”が住処としていた山との伝説があったのだとか。
※地域の史実から引用したもの。

その後、昭和に入ってから『竜口園』という遊園地が作られたそうですが、
現在はその跡地が公園として活用され、市民の憩いの場になっています。

この地域の中でも高台に位置する『片瀬山公園』は、海抜50m。
そのため、地域の『広域避難場所』にも指定されています。

201503DSC06199 201503DSC06200
▲公園の頂へと向かう散策路の桜は、北向きでもあるせいか
まだまだ3~4分咲きといったところでしたが・・・

201503DSC06209
201503DSC06205 201503DSC06206
▲日当たりの良い南向きの桜は、すでに満開に!
見上げればソメイヨシノ、足元にはコブシの花びら・・・
ひとあし早く満開を迎えたコブシの花との“春の競演”も楽しむことができました。

201503DSC06218
201503DSC06217 201503DSC06222111
▲『片瀬山公園』の頂にある広場の桜。
こちらも、散策路付近と同じく3~4分咲きの状況なので、
満開の見ごろはどうやら今週末から来週はじめにかけて、ということになりそうです。
ちなみに、頂から西側の空を眺めてみると(写真ではわかりにくいのですが)富士山の姿を確認!
“桜と富士”を眺めながら、日本の春の風景を満喫してみてはいかがでしょうか?

“春の鎌倉散策”が身近な楽しみに・・・


ウォーキングをかねて、ご近所の『片瀬山公園』へお花見に出かけるのも良いですが、
江ノ電に乗って“春の鎌倉散策”を楽しむのも、毎年この時期の“恒例行事”となりそうです。

201503DSC06240 SONY DSC
201503DSC06229 201503DSC06244
▲こちらは『長谷』駅からほど近い『長谷寺』と、
鎌倉大仏殿でお馴染みの『高徳院』周辺の風景。
“花晴れ”のお天気に誘われて、たくさんの観光客が桜散策を楽しんでいました。
ちなみに『長谷』の桜の開花状況は3~5分咲きといったところ。

※長谷寺・・・・・・現地より約6.5km、高徳院・・・・・・現地より約6.7km/2015年3月撮影。

201503DSC06255 201503DSC06257
201503DSC06262
▲一方、こちらは『鎌倉』駅前の桜の名所、
(石碑には“日本の桜名所100”の文字が刻まれています)
八幡宮前『若宮大路』の桜は、5分咲きといった感じでした。
残念ながら、現在は『若宮大路』中央の『段葛』が改修工事をおこなっているため、
桜の数が例年より少な目となっていますが、改修工事が終わるのは2016年3月予定!
来年の今頃は、さらに“名所”に相応しい桜の賑わいを楽しめることでしょう。

201503DSC06247 IMG_1736
▲余談ですが、こちらは色彩の美しさに惹かれて
筆者が個人的に購入した豊島屋の『さくら』。この桜の時期だけの期間限定商品です!

※豊島屋本店・・・・・・現地より約7.5km/2015年3月撮影。

いかがでしたか?
改めて、桜の季節に【鎌倉・腰越の丘 住宅地】を訪れてみて感じたのは、
海・山・桜・・・日本の四季の美しい風景を“日常的なワンシーン”として、
毎日の生活の中で身近に感じられる環境というのはとっても魅力的だなぁということ。

これからの鎌倉は、満開の桜、新緑の芽吹き、あじさいの色づき、とさらに美しい季節を迎えます。

ぜひみなさんも【鎌倉・腰越の丘 住宅地】を訪れて、
この場所で体感できる“美しい生活の風景”を、ご自身の目で確認してみてくださいね!

【03-2015.03】


PAGE TOP

この物件の注目ポイント