徹底レポートそのうち

三菱地所レジデンス (神奈川県鎌倉市)

  • 江ノ島の海に近い※、鎌倉の住宅地。南雛壇状の高台
    (片瀬海岸東浜海水浴場まで約590m)
  • 全区画2台カーポートを想定した、土地面積200平米台中心のゆとりある区画
  • 腰越・目白山界隈は、明治・大正期の名士の別荘地

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

“観光地”鎌倉のイメージとは一線を画す、穏やかな住宅街

201502DSC05885 201502DSC05874 
201502DSC05880 201502DSC05864
▲『鎌倉』と聞くと、多くの方が真っ先にイメージするのは、
観光客で溢れかえる『小町通り』や、参拝客で賑わう『八幡宮前』、
あじさい寺として知られる『長谷寺』などの観光地の風景かもしれませんね。
しかし、【鎌倉・腰越の丘 住宅地】現地は、
“観光地・鎌倉”とは少し違った距離感を持つ穏やかな住宅街となっています。
そこで今回は『観光地のイメージとは一線を画す現地の街並み』をご紹介しましょう!


※JR『鎌倉』駅周辺の風景(駅舎・小町通り・八幡宮前交差点)・・・・・・現地より約7.2km/2015年2月撮影。
※長谷寺・・・・・・現地より約6.5km/2015年2月撮影。

周辺には洒落た邸宅が建ち並ぶ、緩やかな南傾斜の住宅地


201502DSC05752 201502DSC05753
201502DSC05759
▲最寄り駅となる湘南モノレール『目白山下』駅から徒歩2分、
緩やかにカーブを描く路地の先に【鎌倉・腰越の丘 住宅地】の入口があります。
道路から10段ちょっとの階段を上がると、目の前に明るい住宅地が!
現地では、すでに数件のお宅の着工がスタートし、
大工さんたちの木槌の軽快な作業音が辺りに響いていました。


※以下すべて【鎌倉・腰越の丘 住宅地】現地の様子・・・・・・2015年2月撮影。

201502DSC05778
201502DSC05770 201502DSC05771 
▲住宅地の高台の区画から、海がある南の方向を眺めてみると・・・
この写真からもわかる通り、区画ごとに整理された『南傾斜』の土地。
ちょうど南に向いたひな壇のような形になっていて、各区画に陽光がたっぷりと届きやすいため、
一般的に住宅地として“理想的”とされている地形です。
こうして区画全体を眺めてみると、空が大きく広く、
穏やかな春の光が感じられることがおわかりいただけるのでは?

201502DSC05768
▲また、この【鎌倉・腰越の丘 住宅地】に隣接する住宅街に目を向けてみると、
モダンな邸宅、純和風の邸宅など、お洒落な邸宅がズラリ!
まるで住宅展示場を見学しているかのようで、
“美しい邸宅が建ち並ぶ街並みの風景”に思わずうっとりしてしまいます。

「あ、海が見える!」この感動が日常のワンシーンに!


そして、何より感動したのは、『海』が見えたとき。

現地にはじめて到着したときには、
南からの太陽の光が眩しくて気付かなかったのですが、
よくよく眺めてみると、住宅地の向こう側にキラキラと光る海面が見えていたのです!

SONY DSC
▲この感動・・・残念ながら写真では伝わりきらないでしょうか(笑)?
甍(いらか)の波の向こう側に、湘南の海が。
【鎌倉・腰越の丘 住宅地】の暮らしでは、
この穏やかな鎌倉の風景が毎日の生活の一部になるんですね!

201502DSC05762
▲ちなみに『現地販売センター』のすぐお隣には物見櫓が設置されているので、
櫓の上から海を眺めることもできます。
ぜひ皆さんも、特等席から“海が見える住宅街”の風景を体感してみてはいかがでしょうか?
(物見櫓からの眺望については、また後日当レポート内でもご紹介します!)

さて、こんな風に海が眺められるとなると・・・
筆者がふと気になったのは
『海まで歩いたら何分かかるんだろう?』ということ。

次回のレポートでは【鎌倉・腰越の丘 住宅地】から海までの風景と、
実際に徒歩で何分かかるのか?についてレポートします!
どうぞお楽しみに。

■次回更新予定日/2015年2月27日(金曜日)予定
※更新予定日は実際の更新日と前後することがあります


PAGE TOP

この物件の注目ポイント