徹底レポートそのうち

積水ハウス (愛知県名古屋市名東区)

  • 敷地面積3,570㎡超、通風・採光・眺望に恵まれた四面接道の敷地
  • 住宅街の中にあり、公園と寺社に隣接した落ち着いた住環境
  • 約200本・4,000株を超える植栽や自然石の石積みなど、街を彩る風景美

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko 住宅ライター

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

モデルルーム見学のチェックポイント1・2・3!

IMG_5435

前回に引き続き、地下鉄「池下」駅そばにある『グランドメゾンギャラリー』をレポートします。

マンション購入を検討する際、ギャラリーへ出掛ける理由として
「モデルルームを見たいから」
という方が大半ではないでしょうか。
モデルルームに一歩足を踏み入れると、デザインや設えのよさに目も心を奪われがちですが、
今回はちょっと冷静に“実生活における快適性・機能性”に視点を置いて、見学をしました。

【グランドメゾン一社レジデンス】のモデルルームは、
4LDK+SCの『Dタイプ』。南東棟の角住戸で、2階から11階に設定されます。
img_plan_d
●住居専有面積/86.82㎡(26.26坪)
●バルコニー面積/19.15㎡ サービスバルコニー面積/1.75㎡ ポーチ面積/1.68㎡
※上記間取り図は基本プラン。モデルルームはメニュープランとなっています。
詳しくは、グランドメゾンギャラリーまでおたずねください
※SC:シューズクロゼット

ポイント1:見逃せない暮らしの名脇役!建具の仕様

販売責任者の荒木さんに聞いたところ、気密性の高いマンションの玄関ドアは室内と室外の気圧差などで、
開閉時に最大20kg近い力がかかるのだそうです。

IMG_5370
▲そこで、【グランドメゾン一社レジデンス】では、
お子さんからお年寄りまで、誰もがラクに開け閉めが出来るようにと考え、
最新の開力軽減仕様の玄関ドアを採用。
写真からも見て取れるよう、指一本でドアを開けることも可能なんですよ。

さらに他の扉も見てみると・・・。

IMG_5400 IMG_5399
▲戸袋に格納された引き戸を簡単に引き出せるよう、
取っ手に“ひっかかり”をつくり、開けやすい工夫がなされています。
これは開け閉めしやすいだけでなく、引き戸を開ける際の
指はさみ防止に対する配慮でもあるのだとか。
引き戸自体もゆっくりと閉まるよう「エアマティック」機能が搭載されているので、
“バタン”という衝撃音も軽減されるそうです。

ドアや扉は、家庭内事故が起きやすい場所と言われています。
安全で安心な暮らしを送るためにも、モデルルームで建具の仕様もチェックしましょう!

ポイント2:目指せスッキリ生活。収納スペースの使い勝手は?

さて次にチェックするのは、収納スペース。
「マンションは戸建てに比べると収納が少なくて・・・」というのは、一昔前のお話し。
最近では収納力の高いマンションが、増えています。

【グランドメゾン一社レジデンス】のモデルルームを見てみると、
片づけやすいようきちんと収納計画が盛り込まれていました。
その名も“収納三姉妹”。

IMG_5381 IMG_5372 IMG_5423
▲身支度を整えるために必要な洋服やファッション小物をしまう寝室クロゼット(シンクロ)。
靴や傘、ベビーカーやゴルフバッグなど外に持ち出し使うモノをしまうシューズクロゼット(シュークロ)。
そして、日常的に家族で共用するモノや郵便物をしまうリビングクロゼット(リビクロ)、
というように、生活シーンに沿って、必要な場所に必要な収納スペースを設けることで、
人のムダな動きを抑え、家はスッキリと片づくのです。
※シューズクロゼット・リビングリビングクロゼットは一部のタイプを除く

IMG_5407 IMG_5406 IMG_5410
▲その他、洗面室には三面鏡付洗面化粧台とファミリーリネン庫。
トイレには吊戸収納が標準装備されています。

ここで収納上手になるためワンポイントアドバイス!
新居の収納量が豊富だからといっても、そのまま持ってくるのではなく、
引っ越し前に新居で必要なもの・不要なものを仕分けし、不要なものは処分。
そうすることで、新居での生活はすっきりと始められますよ♪

ポイント3:㎡?帖?m?自分の体で空間サイズを感じよう!

モデルルームガイドやプラン集には、各居室の広さや、間口・奥行などが、
●●㎡、●●帖、●●mと記されています。
しかし数字から実際の大きさをイメージするのは、案外難しくないですか?
モデルルームに用意されているメジャーを使うのもいいですが、
自分の体を使って測ってみると、意外とリアルにサイズ感を把握出来るんですよ。

DSC04731
▲例えば、リビング・ダイニングの掃き出し窓。
両手を広げた時のサイズ=自分の身長はニアリーイコールと言われています。
わたしの身長は160cmなので、中央から左右に開くセンター部のサイズは
それ以上あることが、写真からも分かますよね?

掃き出し窓のサイズは窓4枚で約4m。高さは床面から1.95mのハイサッシュ。
開口部の広いオープンセンターサッシュは室内からの視界が大きく開けるので、
バルコニーの間口約6.5mの開放感をめいっぱい味わえました。

IMG_5401
▲そしてもうひとつ、ぜひ試して欲しいのが浴槽の広さチェック。
Dタイプの浴室は1618サイズ。“1618”とは浴室の間口と奥行を表しているのですが、
浴室で重要視されるのが、浴槽のゆとり。
モデルルームの浴槽に入り脚を伸ばすと、実際の入浴感がつかめるので、
わたしは取材のたびに試しています(笑)

なお、【グランドメゾン一社レジデンス】では
モデルルームに採用されている、半身浴に最適な浴槽内ステップがついた”ラウンド浴槽”、
美しいカーブと全身を包み込むような入浴感が楽しめる”クレイドル浴槽”、
洗い場側にゆったりと張り出したゆとりある形の”ワイド浴槽”の3タイプから
無料で選択可能だそうです。
家族の人数や入浴スタイルは、家庭によってさまざま。
わが家にぴったり合う浴槽を選べば、快適な入浴時間を楽しめますね♪

浴室のサイズ・仕様は、プランのグレードを推し量る物差しとも言われています。
モデルルームの浴室をチェックしたうえで、ご自身が希望するプランの浴室と
比較してみるのもいいのでは?

今回は、ピンポイントでモデルルームをご覧にいれましたが、
全貌をお知りになりたい方は、ぜひ『グランドメゾンギャラリー』にてご確認を。

DSC04729

次回も【グランドメゾン一社レジデンス】のモデルルームをレポートします。

※写真撮影年月:平成27年9月
※掲載の写真はすべてモデルルームDタイプ(メニュープラン)を撮影したもの。
有償オプション・カラーセレクト(いずれも申込期限有り)が含まれています。
なお、家具・調度品等は、価格に含まれていません。
※掲載の図面は計画段階のものであり、設計・施工上の都合により変更になる場合があります。

【04-2015.09】

================================================

■【グランドメゾン一社レジデンスシティ】
問い合わせ先/0120-300-854
※携帯・PHSからも利用できます
営業時間/10:00~18:00
定休日/火曜日・水曜日


PAGE TOP

この物件の注目ポイント