徹底レポートそのうち

相鉄不動産、ジェイアール西日本不動産開発、西日本鉄道、長谷工コーポレーション (神奈川県川崎市)

  • 川崎駅から乗車9分の最寄駅、産業道路駅から徒歩4分の駅近
  • 川崎大師が身近な住宅街に立地。スーパーや公園なども身近で、利便性・環境のバランス○
    (川崎大師 約1020m、マルエツ出来野店 約320m、出来野第1公園 約20m)
  • ゲストルームやブックサロンなど、14の共用施設が揃う大規模マンション

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

家族で住むなら、広さのあるプランがいい!その理由とは?(2)

DSC04527

今回は、4LDKのプランの「収納」について解説します。

特にお子さんのいるファミリーの場合、「収納がいくらあっても足りない~!」と
頭を悩ませている方も多いのでは。

「グレーシアシティ川崎大師河原」の4LDKのプランなら、
各部屋に設置されたクロゼットだけでなく、容量の大きな物入や納戸があり
家族の衣類や生活用品、趣味の小物などが、スッキリ収まる工夫がされています。

ウォークインクロゼットや布団クロゼットなど、大きめ収納に注目!

これは4LDK以外のプランでもいえることなのですが
「グレーシアシティ川崎大師河原」の間取りには、ウォークインクロゼットや
布団クロゼット、納戸など、容量の大きな収納が豊富に設置されています。

A1_shuno
▲「A1タイプ(86.61平米、4LDK+WIC+N)」の間取り図を見てみましょう。
オレンジ色でマーキングした部分が収納です。
必要な所に必要な収納が設けられているというのが分かりますね。

こういった“造り付け”の収納があると
見た目がスッキリするだけでなく、余計な収納家具を置かなくて済むので
経済的で、お部屋の面積を有効に使えるというメリットがあります。

例えば、同じ「約6.5畳の洋室」であっても
こちらの「A1タイプ」のように、約1.6畳のウォークインクロゼットがあるのとないのとでは
使用できるお部屋の面積が変わってきますよね。

DSC08941
▲こちらは、「B1タイプ」のモデルルームに設置されている
約1.6畳のウォークインクロゼットです。(一部有償のオプションが採用されています)
壁面をアレンジしたり、市販の収納ボックスなどを使用すれば
より使いやすく、効率のいい収納スペースになりそうですね。

ウォークインクロゼットは、床から天井までが「物をしまうためのスペース」なので
スーツケースやゴルフバッグなどの、高さのあるものも入れておけます。
また、ハンガーパイプがあるので、スーツやコート、ワンピースなども
シワになりにくく、嬉しいことばかり。

他にも、布団クロゼットやファミリークロークなどが用意されたプランもありますから
間取り図を見る際は、「収納」にも注目してみてくださいね。

玄関や廊下など、細かい場所に設けられた収納も要チェックです

また、住んでみて、意外と「もっとスペースが欲しかった!」と思うのが
玄関や廊下などの収納。

靴や掃除用具、育児用品や部活動のためのスポーツ用品など
家族で暮らしていると、どうしても“物”って増えていってしまいますから
収納スペースは充実しているに越したことはありませんね。

DSC04484 DSC04487
▲こちらは「B1タイプ」のモデルルームの玄関収納。
トールタイプの下足入に加えて、もうひとつカウンター型の下足入も設置されています。
住戸の専有面積が広いと、こういったところにも“+α”の違いが出てくるんですね。

DSC08992
▲さらに、物入や納戸などの収納スペースをうまく使えば、
掃除機やフローリングワイパー、新聞・雑誌のストック、季節用品など
かさばるものもスッキリと片付けられそうです。

水周りの収納の使いやすさも、モデルルームで確認しましょう

収納スペースは、間取り図などでその数や大きさは分かりますが
できれば使い勝手もしっかり確認しておきたいもの。

モデルルームを見学する際は、収納を開けたり閉めたりして
どんな収納になっているかをしっかり見ておくことをオススメします。

DSC04529
DSC04545 DSC04552
▲「グレーシアシティ川崎大師河原」のキッチン収納は
ガスコンロの下だけでなく、シンク下収納もスライド式になっています。

スライド式の収納は、中をパッと見渡すことができ、物が出し入れしやすいので
観音開きの収納だとデッドスペースになってしまいがちな
奥の方まで、有効に使うことができるんです。

吊戸棚も、キッチンペーパーやラップなどを入れておくのにぴったりな
ラックが設置されていて、使いやすそう!

DSC04449 DSC04451
▲洗面室にも、タオル類を入れておけるリネン庫や
洗面台の鏡裏の収納など、目立たないところにしっかりとした収納スペースが。
リネン庫は高さがあるので、下着や洗剤の買い置きなどのストック場所としても使えそう。
もちろん、洗面台の下にも収納スペースがありますよ。

プラン選びの際は、「3LDK」「4LDK」といった間取りや
平米数だけを見てしまいがちですが、収納の数や場所、大きさもしっかり見ておくと
イメージ通りの暮らしが送れると思います。

プラン選びに迷ったら、ぜひ“マンションのプロ”である
マンションギャラリーのスタッフさんに相談してみてくださいね。
ご家族にぴったり合ったプランを紹介してもらえますよ!


PAGE TOP

この物件の注目ポイント