徹底レポートそのうち

相鉄不動産、ジェイアール西日本不動産開発、西日本鉄道、長谷工コーポレーション (神奈川県川崎市)

  • 川崎駅から乗車9分の最寄駅、産業道路駅から徒歩4分の駅近
  • 川崎大師が身近な住宅街に立地。スーパーや公園なども身近で、利便性・環境のバランス○
    (川崎大師 約1020m、マルエツ出来野店 約320m、出来野第1公園 約20m)
  • ゲストルームやブックサロンなど、14の共用施設が揃う大規模マンション

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

マンションギャラリーで設備を体験!キッチンのディスポーザ編

キッチン ディスポーザー 実演

一般的なモデルルームではなかなか見られない、キッチンのディスポーザの仕組み。
「グレーシアシティ川崎大師河原」のマンションギャラリーでは
実際に動かしているところを、見学することができちゃいます。

既にキッチンディスポーザを使っているという方も「おお~!」と驚くという
体験コーナーは、一見の価値ありですよ!

DSC00940
キッチン ディスポーザー 実演 キッチン ディスポーザー 実演
▲マンションギャラリーには、キッチン周りの設備について
実際に水や火を使って実演しながら紹介してくれる「キッチンスタジオ」があるんです。

シンクやコンロの実演スペースの上には鏡が設けられていて
実演中の手元を、座ったままでもしっかりと見ることができるんですよ!

刃がないから安全。生ゴミをその場で粉砕処理するディスポーザ

「ディスポーザ」とは、野菜くずなどの生ごみを
その場で非常に細かく粉砕し、排水として流してしまえるシステムのこと。

とても手軽ですし、特に夏場など、イヤ~な原因の元にもなる
三角コーナーが不要になるので、マンションの設備の中でも人気が高いんです。

キッチン ディスポーザー 実演 キッチン ディスポーザー 実演
▲最近は、設置されているマンションも多くなってきたディスポーザ。
「グレーシアシティ川崎大師河原」で採用されているのは、
投入部に鋭利な刃がない「ハンマーミル方式」のものなので、手を入れても安全です。

「うちのは刃があるタイプだから、ちょっと怖くて……。
これなら子どもに手伝ってもらう時も、安心ですね!」という方もいらっしゃるそうですよ。

固いニンジンが、みるみる液状に! 流れていく様子が見られます

それでは、早速使い方を見てみましょう。
今回は、マンションギャラリーのスタッフ・福亀さんに実演してもらいました♪

キッチン ディスポーザー 実演 キッチン ディスポーザー 実演
▲粗くカットしたニンジンをディスポーザに投入。

通常、こんな大きくて固い野菜くずは排水口に流せませんから
三角コーナーに溜めておく方も多いのではないでしょうか。

このニンジンが、どんな感じで粉砕されるのでしょう? 興味津々です。

キッチン ディスポーザー 実演 キッチン ディスポーザー 実演
▲フタをして、取っ手の「△」マークを「ON」の所に合わせるだけでOK。
水を流しながら処理します。

キッチン ディスポーザー 実演 キッチン ディスポーザー 実演
▲キッチンスタジオのシンク下は、こんな風に
ディスポーザの仕組みが見える特別仕様になっています。
(※実際のキッチンには、便利なスライド収納が付いていますので、ご安心ください・笑)

DSC00877
▲ディスポーザのスイッチを入れてから10秒も経たないうちに
排水パイプにオレンジ色の水が流れ始めました!
「砕かれたニンジン」というよりは、「ニンジン色の水」といった感じです。
わずかな時間で、本当に細かく粉砕されたことが分かります。

これまでに取材してきたマンションでも、ディスポーザが採用されている物件はいくつかありましたが
こんな風に、実際に実演してくれて
さらに粉砕されたものが流れていく様子まで見られたのは初めてだったので
つい「おお~! 本当に流れてきましたね!」と感動してしまいました。

こちらのディスポーザは、野菜くずの他、魚の頭や内蔵、骨なども処理できてしまいますから
お料理や後片付けの際に出る生ゴミがぐんと減りそうですね。

(※貝殻や肉類の大きな骨、繊維質の強いものなど、一部処理できないものもあります)

とっても便利なディスポーザ……後付けするのは困難なんです

実は、家庭で出るゴミの約40%は生ゴミなのだそう。

生ゴミって、臭いの原因になるだけでなく
捨てる時に水が垂れたり、重かったりと、ちょっと厄介な存在ですよね。

ディスポーザが設置されていれば“その場”で“すぐ”粉砕処理して流してしまえるので
生ゴミが減り、ゴミ出しの手間も軽減されるんです。

キッチン ディスポーザー 実演
▲ディスポーザ自体も年々改良が進み、省エネや静音、
処理性能の向上などが図られています。
使い方が簡単で、見た目がスッキリしているのも良いですね♪

ディスポーザは、各住戸のシンク下に付いている機器はコンパクトでも
実は地下に大きな処理槽があるので、後からマンションに付けるのは非常に難しいもの。

一戸建てでも設置できるようになってきましたが、費用や工事期間がかかってしまいます。

新築分譲マンションに、最初から【標準】で設置されていると
引っ越したその日から使うことができ、快適だと思います。

次回は、理科の実験のような気分で見学できる「良水工房」について、レポートします。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント