徹底レポートそのうち

相鉄不動産 (神奈川県海老名市)

  • 相鉄線「海老名」駅まで6分・「横浜」駅まで26分の最寄駅、「さがみ野」駅まで歩いて5分
  • 全戸南向き。間口7.4~7.9mのワイドスパン設計だからできる、魅力的な間取りプラン
  • スイッチひとつでお風呂掃除ができる「おそうじ浴槽」など、「らくらく家事設計」が満載

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

本当に全自動でキレイになるの?「おそうじ浴槽」の実演レポート

おそうじ浴槽 toto

スイッチひとつで、浴槽の開栓、洗浄、お湯はりまですべて自動でやってくれる「おそうじ浴槽」。
首都圏で初めて(※1)「グレーシア海老名さがみ野」に採用される
“らくらく家事設計”設備のひとつです。

こちらのサイトをご覧の方の中には、もしかしたら
「便利な機能だとは思うけれど、本当に全自動でキレイになるの?」と
疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、「おそうじ浴槽」のメーカーであるTOTO株式会社に直撃。
一般の方はまだ見られないという、「おそうじ浴槽」の実演を取材してきました!

取材に協力してくれたTOTO株式会社の担当者・濱田さんのお話では
「小さいお子さんがいるご家庭では、浴槽は毎日洗うという方が多く
その手間が軽減できる画期的な商品だと思います。

また、『浴槽を洗うのが面倒だから、ついシャワーだけで済ませてしまう』という方も
おそうじ浴槽があれば、ゆったりと湯船に浸かってリラックスする時間を
増やしていただけるかもしれません」とのことでした。

バスルームに入らず、お湯抜き・お風呂掃除・お湯はりが完了!

「おそうじ浴槽」は、洗浄だけでなく
従来、どうしてもバスルームに足を踏み入れなければできなかった
「栓を抜いてお湯を捨てる」「お湯はりのために、栓をする」ということも自動でやってくれます。

ここがとても大きなポイント。

わざわざバスルーム用のスリッパに履き替えたり
靴下を脱いでバスルームに入ったりしなくてもいいので、忙しい時も助かりますね。

おそうじ浴槽
▲排水・洗浄・お湯はり・入浴まで一気に済ませてくれる「おそうじ浴槽」。
お風呂を洗う際の「腰をかがめる」
「浴槽の中に入り込んでゴシゴシこする」といった動作が不要になりますから
シニア世代の方や、妊娠中でお腹が大きい方などにも優しいんです。

浴槽の洗浄にかかる時間は、標準モードで約7分。
1回のおそうじにかかるランニングコストも約19円(※2)とのことですから
毎日使っても、大きな負担にはならなそうですね。

自動洗浄機能の実力やいかに? 実演の様子をレポート!

お邪魔したのは、建築専門家向けの施設「TOTOテクニカルセンター東京」。
今回は「グレーシア海老名さがみ野」の取材ということで、特別に撮影させてもらいました。

おそうじ浴槽 TOTOテクニカルセンター東京 おそうじ浴槽 TOTOテクニカルセンター東京
▲デモンストレーション用の「おそうじ浴槽」。
中が見えやすいように、フタが透明になっています。
あまり目立ちませんが、浴槽の真ん中あたりに洗浄ノズルがありますね。

おそうじ浴槽 洗剤用の投入口 おそうじ浴槽 洗剤用の投入口 バスマジックリン 泡立ちスプレー(つめかえ用)
▲また、浴槽のフチに洗剤用の投入口があるのも、従来の浴槽とは違う点。
中に異物などが入らないように工夫されています。

洗剤は、黄色いパッケージの「バスマジックリン 泡立ちスプレー(つめかえ用)」を使用。
この商品が最も汚れが落ちやすいため、標準品にしているそうです。
洗浄機能を毎日使っても、洗剤の補充は1ヶ月に1回でOK。

「おそうじ浴槽」の洗浄ノズルは、よく見るとわずかに楕円形をしていて
これは、浴槽全体にお湯や洗剤がまんべんなく届くように開発されたものなのだとか。

TOTOでは、洗剤の種類や、汚れを分解するための放置時間、噴霧の強さなど
ありとあらゆる要素を研究し、この「おそうじ浴槽」の製品化に至ったそうです。

「実際に、4人の成人男性が毎日入浴をして、この『おそうじ浴槽』機能で
どこまでキレイな状態を保てるか、というのも検証したんですよ」と濱田さん。

便利さ、快適さの背景には、しっかりとした“検証”・“実験”があるんですね。

油分たっぷりのチョコレートシロップが、みるみるキレイに!

「おそうじ浴槽」の洗浄機能を目で見て分かりやすくするために
濱田さんが取り出したのは、なんとチョコレートシロップ!

おそうじ浴槽 実演 TOTO おそうじ浴槽 実演 TOTO
▲ベタベタで油分たっぷり、色も濃いチョコレートシロップを
浴槽の内側に、大胆に塗る濱田さん。

この時点で、実は私「こんなに塗っちゃって、本当に落ちるのかな~?」と半信半疑でした(笑)

おそうじ浴槽 実演 TOTO おそうじ浴槽 実演 TOTO
▲汚れが溜まりやすい浴槽の上部に、こんな風にチョコレートシロップを塗り、フタをしたら
後はスイッチをピッと一押し。栓も自動で閉まります。
(実際にマンションに採用されるリモコンとは異なります)

おそうじ浴槽 実演 TOTO おそうじ浴槽 実演 TOTO
▲すると! 洗浄ノズルから勢いよくお湯(実演では配管の関係上、水を使用しています)が出て
浴槽全体を濡らしました。
この時点では、チョコレートシロップは少し滲んだ程度。

おそうじ浴槽 実演 TOTO おそうじ浴槽 実演 TOTO
▲しばらくすると、今度は洗剤が噴霧されます。
フタの内側に、泡が付いているのが分かりますね。
フタの隅々までしっかりと泡が届いているのも見えました。
(こちらの黒いパッキンは実演用のもので、実際には付きません)

おそうじ浴槽 実演 TOTO おそうじ浴槽 実演 TOTO
おそうじ浴槽 実演 TOTO
▲洗剤が噴霧されたり、汚れと馴染ませるために少し時間を置いたり、洗い流されたり……。
本当にすべて全自動で行われ、チョコレートシロップはみるみるキレイになっていきました。
洗浄時間は実演用に短縮されていたにも関わらず、跡形もなくピカピカになったのには驚き!

濱田さんによると、家族4人で毎日お風呂に入ったとして
2週間くらいまでは、手で浴槽の内側をこすっても、キュッキュッとしたキレイな状態が保てるそう。
2週間に1回程度、手洗いをすると、ずっとキレイなお風呂に入れるとのことでした。

シャンプーが飛び散ったりして、どうしても壁や床は汚れてしまいますし
そのお掃除のついでなど、「気になったら手で洗う」といった感じでいいんですって。

こちらの「おそうじ浴槽」、「欲しい!」と思って後からリフォームで設置する場合
かなりの費用と手間がかかり、給湯器の交換が必要なこともあるのだとか。

新築分譲マンションに“標準”で採用されるのは
首都圏では「グレーシア海老名さがみ野」が初めてということですから
注目しておいて損はないと思います。

(※おそうじ浴槽の機能や商品については、TOTO株式会社へ直接お問い合わせください)
(※1:TOTOとノーリツがアライアンスを組み標準採用したマンションとして首都圏初)
(※2:TOTOの試算による)


PAGE TOP

この物件の注目ポイント