徹底レポートそのうち

相鉄不動産 (神奈川県海老名市)

  • 相鉄線「海老名」駅まで6分・「横浜」駅まで26分の最寄駅、「さがみ野」駅まで歩いて5分
  • 全戸南向き。間口7.4~7.9mのワイドスパン設計だからできる、魅力的な間取りプラン
  • スイッチひとつでお風呂掃除ができる「おそうじ浴槽」など、「らくらく家事設計」が満載

この物件をレポートするのは

kumagai Mizuki 住宅ライター

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の注目ポイント

マンション周辺にある幼稚園・保育園をレポートします

a0002_008171

今回は、マンション周辺の幼稚園・保育園についてレポートします。

小さいお子さんのいるファミリーの方は、
マンションの購入前に、近くにどんな幼稚園や保育園があるかというのを
少しでも調べておくことで、お子さんの園探しがスムーズになることもありますから、
特に要チェックです。


▲上の地図で、紫色のピンで示したのが「グレーシア海老名さがみ野」の現地。
緑色のピンが幼稚園、黄色のピンが保育園です。

今回の記事では、この中からマンションに近い4つの園をピックアップして
紹介していきたいと思います。

自然や音楽に触れる環境づくりを行っている「綾瀬こばと幼稚園」

マンションから、徒歩9分(約690m)の場所には
私立「綾瀬こばと幼稚園」があります。

DSC09780
▲「海老名市立東柏ケ谷小学校」の少し先にある「綾瀬こばと幼稚園」。

緑色のエンピツ屋根が特徴的な
現在の園舎が完成したのは、平成13年(2001年)だそうです。

「綾瀬こばと幼稚園」の創設は昭和48年(1973年)。
40年以上の歴史を持ち、卒園児は5,000名以上を数えるそう。

年少・年中・年長の3年保育が基本とのことですが、
年度によっては、2年保育の募集も行っているようです。

自然とたくさんふれあえる遊びや、外部の音楽・体育講師による指導を行っており
17:00までの預かり保育も実施しているとのこと。
(土・日・休日、春休み・冬休み期間を除く)

また、平成21年度から、制服が新しくなったそうですよ。

50年以上の歴史を持つキリスト教系の園「ドレーパー記念幼稚園」

私立「ドレーパー記念幼稚園」は、マンションから徒歩15分(約1,160m)。
こちらは、キリスト教教育を行っている幼稚園です。

DSC09890
▲「ドレーパー記念幼稚園」の名前は、
80年ほど前に、この地域で幼児教育を始めたドレーパー氏にちなんでいるそう。

こちらの幼稚園も、創立から50年以上という長い歴史のある幼稚園で、
毎週、音楽指導や体操指導の時間が設けられています。
預かり保育は17:00までとのこと。

3年保育、2年保育共に受け付けているそうです。

未就園児のお子さんとその保護者を対象にしたクラスも実施されていますから
興味のある方は、園にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

一時預かりも実施している私立認可園「にんじん村保育園」

ここからは、働くパパ・ママの味方、保育園を紹介していきます。

マンションに一番近い保育園は、私立認可保育所の「にんじん村保育園」です。

DSC09785
▲先ほど紹介した「綾瀬こばと幼稚園」の近く、穏やかな環境にある「にんじん村保育園」。
マンションからは徒歩6分(約470m)です

「にんじん村保育園」の基本保育時間は8:30~16:30。
朝7:00~8:30と、16:30~19:00の延長保育も実施しています。
受入月齢は生後8週間からとなっています。

定員60名のアットホームな保育園のようです。

1971年に開設された公立保育園「柏ケ谷保育園」

マンションから徒歩9分(約700m)の場所には、
こちらも認可保育所の「柏ケ谷保育園」があります。

DSC09879
▲「柏ケ谷コミュニティセンター」に隣接している「柏ケ谷保育園」。
定員は120名と、比較的大きな保育園です。

「柏ケ谷保育園」の開所時間は、7:00~19:00。
(※18:00~19:00は延長保育)
受入月齢は生後6か月からということです。

近くには桜並木もあり、自然に囲まれてのびのび過ごせる園のようです。

通える範囲に複数の幼稚園や保育園があると
お子さんや各家庭に合った園が見つかりそうですね。

※各園に関する詳細の情報や募集要項などについては、直接市役所や各施設へご確認ください。

海老名市は、子どもの医療費助成制度も充実しています

それから、二児の母である私が「海老名市っていいな!」と思ったのが
子どもの医療費助成制度が充実していることです。

0歳の赤ちゃんから、小学生、中学生くらいまでのお子さんの
医療費が助成されるのは、ご存知の方も多いと思いますが
実は市区町村によって、助成範囲や条件などが違ってくるんです。

海老名市は、0歳から中学校修了前までのお子さんの
通院・入院が共に助成され、所得制限もありません。

海老名市 綾瀬市 座間市 横浜市 医療費助成
▲隣接する座間市、および綾瀬市、県庁所在地である横浜市と比較してみても
海老名市の医療費助成制度は充実していることが分かりますね。
中学生までのお子さんなら、病院に行っても、会計の時にお金を支払う必要がないというのは
助かることが多いと思います。

さがみ野の街を歩いたり、幼稚園や保育園を調べたりしていると
便利な商業施設や医療施設があり、自然が身近で
「暮らしやすそうな街だな~」と感じるのと同時に
公園などで子どもが元気にいっぱいに遊んでいたり、ベビーカーでお買い物をする方を目にしたりして
「子育てもしやすい街なのかな」とも思います。

こういった面から見ても、子育て中の方も安心して暮らせる環境といえるのではないでしょうか。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント