徹底レポートそのうち

三井不動産レジデンシャル (愛知県名古屋市昭和区)

  • 「文教地区×第一種低層住居専用地域」、閑静な立地に誕生する全5邸の一戸建て
  • 名城線「名古屋大学」駅まで徒歩11分。3駅2路線の地下鉄アクセスが徒歩圏内
  • 収納スペースは全邸14畳以上!小屋裏収納など多彩な収納で家族の荷物もすっきり

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko 住宅ライター

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

文教地区での暮らし

気軽にアカデミックな時間を楽しめる!名古屋大学ホームカミングデイ

【ファインコート昭和前山町】が、名古屋市内で約1.7%(※)しかない
文教地区に建てられるということは、先月のレポートでお伝えしましたね。
※名古屋市の総面積約32.643ha に対して、文教地区は約562ha。
出展︓名古屋市住宅都市局建築部「特別用途地区の概要」より

この文教地区を象徴ともいえる教育施設のひとつが『名古屋大学』。

IMG_6161
▲2005年から毎年10月の第3土曜日に開催されているイベントが『名古屋大学ホームカミングデイ』。
卒業生の旧交を温める機会として、また、地域の人々に現在の名古屋大学を知ってもらう機会として大学を開放しており、市民公開講座や展示・体験企画、見学ツアーなど、誰もが無料で参加出来る催し物を行っているので、名大の近くにお住まいの方にとっては、家族で楽しめる秋の地元イベントのひとつになっているようです。

大学のキャンパスで休日を過ごせるなんて、滅多にないチャンス!
そこで、わたしも『第11回名古屋大学ホームカミングデイ』へ出掛けてきました。

続きを見る

昭和区前山町で暮らすなら!南山大学の公開講座も身近です

皆さん、はじめまして。住宅ライターの吉田恵子です!

mainvisual
※外観完成予想CG

今月より、三井不動産レジデンシャルの新築分譲戸建【ファインコート昭和前山町】の
レポートがスタートします。

物件の公式ホームページとはひと味違う切り口で、
現地周辺の魅力や新生活に役立ちそうな情報をお伝えしていきます。
どうぞご覧くださいね!

続きを見る

この物件の注目ポイント