徹底レポートそのうち

ヨシコン (静岡県駿東郡)

  • 黄根川沿いの自然豊かな環境「長泉町本宿」に建つマンション
  • 沼津市と三島市の中間に位置し、良好な交通アクセス
  • 角住戸率50%、2LDKから4LDKまで様々なライフスタイルにマッチするプランニング

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

2015年10月

現場監督インタビュー①現在の工事進捗状況は?!


201510DSC07935
▲来年、平成28年8月の竣工を目指して、
着々と工事が進められている【エンブルリバーガーデン長泉】。
マンションは、コンピューター管理のもと機械的に建物が完成していくようなイメージがありますが、
実は、ひとつひとつ丁寧に、プロの職人さんたちの手によって作られる『手作りの大型作品』なのです。
そこで、今回から2回に渡って、現場のスタッフの皆さんを取りまとめる現場監督さんに
モノ作りの現場についてインタビューします!

※以下すべてエンブルリバーガーデン長泉・・・・・2015年10月撮影。

続きを見る

現場監督インタビュー②「個人的にはエントランスの完成が楽しみです」


201510DSC08731 201510DSC08730 
▲こちらは10月中旬に撮影した【エンブルリバーガーデン長泉】現地の様子。
半月前に現地を訪れたときは、まだ1階の床の工事中だったのですが、
早くも1階の建物部分が確認できる状態になっていました。
「今後は、約2週間に1フロアのペースで、どんどん“成長”していきます」
という山田所長のお話の通り、
【エンブルリバーガーデン長泉】の工事はスムーズに進んでいるようです。

※以下すべてエンブルリバーガーデン長泉・・・・・2015年10月撮影。

さて、ここからは【エンブルリバーガーデン長泉】の施工を担当する
馬淵建設の山田克彦所長のインタビューレポート2回目。

山田所長をはじめとする“マンションの造り手”の皆さんたちの
『モノづくりへの想い』についてお話を聞いてみました。

続きを見る

この物件の注目ポイント