徹底レポートそのうち

ヨシコン (静岡県駿東郡)

  • 黄根川沿いの自然豊かな環境「長泉町本宿」に建つマンション
  • 沼津市と三島市の中間に位置し、良好な交通アクセス
  • 角住戸率50%、2LDKから4LDKまで様々なライフスタイルにマッチするプランニング

この物件をレポートするのは

Fukuoka Yumi 住宅ライター

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

この物件の注目ポイント

現場監督インタビュー②「個人的にはエントランスの完成が楽しみです」


201510DSC08731 201510DSC08730 
▲こちらは10月中旬に撮影した【エンブルリバーガーデン長泉】現地の様子。
半月前に現地を訪れたときは、まだ1階の床の工事中だったのですが、
早くも1階の建物部分が確認できる状態になっていました。
「今後は、約2週間に1フロアのペースで、どんどん“成長”していきます」
という山田所長のお話の通り、
【エンブルリバーガーデン長泉】の工事はスムーズに進んでいるようです。

※以下すべてエンブルリバーガーデン長泉・・・・・2015年10月撮影。

さて、ここからは【エンブルリバーガーデン長泉】の施工を担当する
馬淵建設の山田克彦所長のインタビューレポート2回目。

山田所長をはじめとする“マンションの造り手”の皆さんたちの
『モノづくりへの想い』についてお話を聞いてみました。

続きを見る

現場監督インタビュー①現在の工事進捗状況は?!


201510DSC07935
▲来年、平成28年8月の竣工を目指して、
着々と工事が進められている【エンブルリバーガーデン長泉】。
マンションは、コンピューター管理のもと機械的に建物が完成していくようなイメージがありますが、
実は、ひとつひとつ丁寧に、プロの職人さんたちの手によって作られる『手作りの大型作品』なのです。
そこで、今回から2回に渡って、現場のスタッフの皆さんを取りまとめる現場監督さんに
モノ作りの現場についてインタビューします!

※以下すべてエンブルリバーガーデン長泉・・・・・2015年10月撮影。

続きを見る

中学生まで医療費無料!全国屈指の『充実の子育てサポート体制』で知られる長泉町


201508DSC07233
▲【エンブルリバーガーデン長泉】の建設が進められている静岡県駿東郡長泉町は、
四ッ溝柿・大和芋・白ネギ・メロンなどの農作物が特産品として知られています。
豊かな自然に囲まれ、美しい水に育まれている長泉町ですが、
実はもうひとつ『子育てのまち』としても全国的に注目を集めています。
そこで今回は、長泉町が『子育てのまち』と呼ばれるその理由を検証してみましょう!

※長泉町役場・・・・・現地より約1500m(車で約5分)/2015年8月撮影。

続きを見る

家族でまるっと1日楽しめる!サントムーン柿田川まで車で約5分!


0d1e3411dc26a2f385f34ed8832ed8188fed2c4astd
▲新居を選ぶとき、多くの方が気になるのが“近くにある買い物施設について”ではないでしょうか?
【エンブルリバーガーデン長泉】からは、このエリア随一の人気を誇る大型商業施設
『サントムーン柿田川』まで車で約5分の距離ですから、
毎日のお買い物に、週末のご家族揃ってのお出かけに・・・と気軽に利用することができます。
“朝(サン)から夜(ムーン)まで楽しめる”がコンセプトの
『サントムーン柿田川』について、管理会社である大東紡エステート株式会社の
中嶋弘貴さん(営業部)に案内していただきました!

※以下すべて、サントムーン柿田川・・・・・現地より約2430m(車で約5分)/2015年8月撮影(一部写真除く)。

続きを見る

柿田川公園は夏休みのレジャーに最高のお出かけスポット!


201508DSC07286 201508DSC07289 
▲お子さんたちの夏休みも残すところあと一週間。
今年の夏休みは、楽しい思い出を作ることができたでしょうか?
【エンブルリバーガーデン長泉】での新生活がスタートしたら、
ぜひ、夏休みに出かけていただきたいのが今回ご紹介する『柿田川公園』です。
ここ『柿田川公園』には、清流・柿田川の水源となっている『柿田川湧水群』があり、
透き通った富士の伏流水が湧き出てくる様子を
すぐ目の前で観察することができるのです!

※以下すべて、柿田川公園と柿田川湧水群・・・・・現地より約2450m(車で約5分)/2015年7月撮影。

続きを見る

今日から【エンブルリバーガーデン長泉】のブログレポートがスタートします!


みなさん、はじめまして!
住宅ライターの福岡由美です。

本日からヨシコンの新築分譲マンション【エンブルリバーガーデン長泉】の
ブログレポートを担当させていただきます。

ホームページやパンフレットの中ではご紹介しきれない現地の周辺環境や
物件の魅力、担当者の開発秘話など、
さまざまな情報をお届けしていきますのでぜひお付き合いくださいね!

201508DSC07218
さて、初回レポートの今日は、
【エンブルリバーガーデン長泉】がどんな場所に誕生するのか?
このエリアの玄関口である『三島』駅から
カーアクセスでのルートと所要時間を写真でご紹介しましょう!
※エンブルリバーガーデン長泉現地の様子・・・・・2015年7月撮影。

続きを見る

この物件の注目ポイント