徹底レポートそのうち

ヨシコン (静岡県菊川市)

  • 菊川駅北開発プロジェクトの中心となるランドマークマンション
  • 大型店が集まる「えんてつ菊川ショッピングセンター」近接で、お買い物が便利な環境
  • ワイドスパン設計・全戸分の平置き駐車場・宅配BOX&冷蔵BOXなど、暮らし心地を高める工夫

この物件をレポートするのは

Kikuchi Maiko 住宅ライター

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

この物件の注目ポイント

第3期販売中のエンブルエバー菊川メリットポイントを総復習

033

2015年3月にスタートしたブログレポートでは
ヨシコンの新築分譲マンション【エンブルエバー菊川】の
ロケーションや充実した共用部、専有部の設備などを
住宅ライターの目で実際に確認しながらお届けしてきました。

販売状況はというと、第1期、第2期と順調に完売し、
いよいよ第3期の販売に突入しています。

最終回となる今回のレポートでは
これまでにお伝えしてきた内容を振り返りながら
エンブルエバー菊川のメリットポイントを復習しましょう。


街とともに進化する分譲マンション
「エンブルエバー菊川」の魅力をおさらい

一つ目の特徴はなんといってもそのロケーション。


利便性に恵まれた菊川駅北側の開発エリア

キャプチャ
▲エンブルエバー菊川はJR菊川駅北側に広がる開発エリアに位置しています。

kukugawanisityu
028 edion
059 062
▲徒歩圏内には大型商業施設や教育施設、市役所や金融機関などが整っていて
どの世代にとっても暮らしやすい環境といえそう。

ブログがスタートした当初はまだオープンしていなかったお店や
開通していなかった道路も完成して、開発エリアの様子もずいぶん変わりました。

kaihatsu 駅道路
▲写真左がブログスタート時の開発エリア。
写真右は開通したばかりのメインストリート。

また駅南側にはロータリーがあり、各方面への路線バスが発着しています。

047
▲キレイに整備された駅南商店街では
フリーマーケットや朝市なども開催されているそうですよ。

042
▲春、街を一望できる菊川公園では桜祭りが開催されていましたね。
私が取材した当日はあいにくの雨でしたが、満開の桜がとってもキレイでした。
夜桜もきっと素敵なんでしょうね!

—————————–

そして都会的なフォルムと充実した共用部も
分譲マンションならでは。


防犯設備や共用サービスで快適なマンションライフを

こちらが建設中のエンブルエバー菊川の現地の様子。

7月下旬
▲完成及び、入居予定である平成27年12月まであと4ヶ月を切りました。
高さも完成予定の10階に近づいているのがわかりますね。
gaikan
▲こちらが完成予想パースです。
南側にパーキングスペースと道路があるため
低層階からも遮るもののない開放感や眺望を味わえそう。

heimenn
▲駐車場は全46戸に対して管理用1台分を含む47台分の
平面駐車スペースが確保されています。

エントランスの奥にはホテルのようなロビーが設けられます。

hall
▲重厚感あふれる色調の素材で仕上げられた
エントランスホールは憧れの空間。

分譲マンションのメリットは見た目の美しさだけではありません。

今日ではポピュラーなオートロックシステムや
近い将来起こるかもしれないといわれている震災や火災時に対する
防災機能も採用されています。

キャプチャ2
▲エントランスには来訪者を音声と画像で確認してから解錠できる
TVモニター付オートロックシステムが採用されていています。

またエレベーターホールに設置されたモニターには
エレベーター内の様子が映し出されるようになっているだけでなく、
地震・火災管制機能付きとなっていて、万一の災害時にも速やかに停止、閉じ込めを防止します。

150126_bousai takuhai1
▲さらに万一の災害時に必要なものを備蓄する防災倉庫も用意されているんですよ。
留守中に届いた荷物を一時保管できる便利な宅配ロッカーも、エントランスに設置されています。

各住戸の玄関ドアは震災の際、ドア枠が歪んでも
脱出できるよう耐震ドア枠が採用されています。

doorsec
▲その他、ダブルロックやセキュリティサムターン、
鎌式デッドボルト錠など侵入されにくい工夫がされています。

—————————–

そして、専有部はモデルルームをご覧になったみなさんはご承知の通り。


お洒落でスマートに、快適に暮らすためのプラン&先進設備

086
▲お洒落な対面キッチンに憧れている奥さんも多いのでは?

Dtypekihon
▲南面に3室がレイアウトされた開放的な中住戸プランも
エンブルシリーズの特徴です。

040
▲南面間口がワイドだからバルコニーも広々。

2階以上の住戸に庭が無いという点では一戸建てと異なりますが
この広さのバルコニーにスロップシンクもついているので
プランターでの家庭菜園やガーデニングも楽しむことができるんですよ。

また、共用部に配された植栽は手入れしてもらうことができるので
自身で草むしりする手間を省くことができるんです。

このように分譲マンションには一戸建てや賃貸アパートにはない
設備やサービスが採用されていたり防犯や防災といった面でも
安心感を持って暮らすことができる要素がいっぱい。

永く暮らすほどにその快適を実感していただけるのではないでしょうか?

便利な立地で機能的に安心の暮らしを叶えられる分譲マンション。
皆さんも将来のライフプランを考えながら
じっくり検討してみてくださいね。


PAGE TOP

この物件の注目ポイント