徹底レポートそのうち

ダイア建設名古屋 (愛知県名古屋市守山区)

  • 南面約180mに渡り遮るものがなく、小原橋緑地・矢田川・桜並木を望む立地
  • 奥行き約3.2mのテラス、ガラス手摺など、南側の開放感を最大限活かす多様なバルコニー意匠
  • アウトドアリビングとして活用できるルーフバルコニー付き住戸7邸

この物件をレポートするのは

Nomura Ayano 住宅ライター

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

この物件の注目ポイント

リバーフロント

矢田川リバーフロント、ちょっと気になる水害について

煌めく川面や、心地よい水音など、水辺の心地よさを日常に感じられるのが
【ダイアパレス小幡グランアリーナ】。
一級河川・矢田川ならではの雄大な川幅と、それにともなう見晴らしの良さも、魅力です。

SONY DSC
▲名古屋市内を代表する川の一つ矢田川。緑地帯も多く、整備も行き届いた清らかな一級河川です。

 

リバーフロントの爽快感は現地を訪ねるとよーく分かりますが、
一方で「水害は大丈夫なのかしら?」というコトを気にしている方もいらっしゃるかも?

今回は、その辺りを綴ろうと思います!

続きを見る

水と緑と風と空と… 小原橋緑地で愉しむ潤いの時間

アウトドアが心地よい季節になりましたね!

・・・となれば
小原橋緑地も気持ちの良い自然風景が広がっているはず!!
さっそく現地に行ってきました。

SONY DSC
▲小原橋緑地の緑も色濃くなってきました!/小原橋から撮影

続きを見る

桜並木が対岸に。我が家でお花見できる心躍る春風景!

雲一つない青空が広がるポカポカ陽気の3月30日。
建設が進む【ダイアパレス小幡グランアリーナ】現地を訪ねてみました。

SONY DSC
▲春の日差しを全面に受けるリバーフロント。建物のワイド感も随分わかるようになってきましたよ!/向かい側の河川敷から現地を撮影。

続きを見る

スタッフに聞く、ダイアパレス小幡グランアリーナの魅力①

モデルルームもオープンし、
週末には価格発表会を開催中の【ダイアパレス小幡グランアリーナ】。

今回・次回と、どんな特長のマンションなのか検証してみましょう!
題して『スタッフに聞く、ダイアパレス小幡グランアリーナの魅力』。

同物件の売主である、ダイア建設名古屋株式会社の方に
マンションギャラリーでお話を伺ってきました。

SONY DSC
▲マンションギャラリーではサンプルとしてのモデルルームも公開中です。実際の住戸プランではありませんが、同マンションの設え・質感などを体感できますよ!

続きを見る
この物件の注目ポイント