徹底レポートそのうち

ダイア建設名古屋 (愛知県豊田市)

  • 通勤時間帯に運行本数が増える「三河豊田」駅まで徒歩3分、電車通勤もマイカー通勤も便利
  • スーパー、病院、学校、公園などが徒歩圏に揃う、生活しやすい立地
  • 収納スペースもしっかり確保した、90㎡台・80㎡台のゆとりあるプランニング

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko 住宅ライター

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

設計者インタビュー(1)/事業主と共に考え抜いた、ゆとりの住まい

先月は販売担当者さんに【ダイアパレス三河豊田】の魅力をお聞きしましたが、
今月は「住まいづくりのプロ」である設計担当者さんにお話しをお伺いします。

IMG_3264
▲こちらが、【ダイアパレス三河豊田】の設計・監理を担う株式会社日興設計の中川さんです。
「これまで数多くのダイアパレスの設計・監理をお任せいただいていまが、
常に入居者さんの末永い快適な暮らしと、物件ごとに“らしさ”を感じて頂けるよう
チャレンジ精神をもって、設計に取り組んでいます」(中川さん談)

ゆとり・機能性・想像性。「ここにしかない暮らし」の具現化

■ライター・吉田
【ダイアパレス三河豊田】の設計にあたり、基本とした考えや思想を教えてください。

●中川さん
マンションに限らず、“住まい”の広さには限りがありますよね。
その中で、生活に必要な設備がきちんと配されていることが、住まいの基本です。
一戸建てよりも、集合住宅のほうが広さ的な制限は多いため、
“閉塞感”“詰め込み感”が否めない物件を目にすることもあります。

三河豊田Aプラン
Aタイプ(基本プラン)/4LDK+WIC+SCL
専有面積/92.36㎡(27.93坪)、バルコニー面積/19.30㎡、アルコーブ面積/3.90㎡
※WIC・・・ウォークインクローゼット、SIC・・・シューズインクローゼット

しかし、【ダイアパレス三河豊田】においては、そのようなネガティブな印象とならないよう、
各プラン「ゆとり」「機能性」「想像力」を重視しました。
これは、ダイア建設名古屋さんのマンションづくりの基本発想であり、
設計のパートナーであるわたしは、どうしたら具現化出来るかを考え抜き、カタチにしました。

IMG_3266

例えば、Aタイプの「アイランドカウンターキッチン」。
新築分譲マンションのキッチン配置としては、珍しいと思います。

モデルルームを見て
「マンションでアイランドカウンター?」
と驚くお客様も多いそうですが、わたくしたちの狙い!
既成概念にとらわれず、常識をくつがえす意味を込めて生み出したプランニングだからです。

■ライター・吉田
販売担当者さんにお聞きしたところ、実際にこのアイランドキッチンに惹かれ、
Aタイプを購入された方もいるとうかがっています。
マンションでもこのような暮らしを望んでいる人がいらっしゃるという事実の証明のように感じます。

●中川さん
そもそも、アイランドキッチンは空間にゆとりがないと、実現出来ません。
約18.8帖とゆとりありLDKのAタイプだからこそ叶えられたプランニングです。
※Cタイプでもメニュープランを選択すればアイランドキッチンへの変更可能

IMG_3280

キッチンキャビネットとダイニングテーブルを一直線に配すると、
料理の配膳や後片付けの動線も短くなるので、機能的。
キッチンを中心に作られる回遊動線は、人の流れが滞りにくく、
動きがスムーズになるのもメリットです。

■ライター・吉田
【ダイアパレス三河豊田】は、収納の充実ぶりも目を惹くのですが・・・。

●中川さん
近頃の分譲マンションは、一昔前と比べると、収納力がぐんと高まっています。
逆に、収納力が高くないと、お客様から選ばれません。

IMG_3077

靴をしまうだけなら下足箱だけでも事足りるかもしれませんが、
足元の広いシューズインクローゼットがあると、ゴルフバッグやアウトドアグッズ、
ベビーカーや外遊びに使うお子さんのおもちゃなどがしまえます。
砂や土で室内が汚れるのを防ぐためにも、玄関収納を充実していると
室内のキレイも保ちやすくなるというわけです。

IMG_3089 IMG_3069

【ダイアパレス三河豊田】は、入居後に大型の収納家具を買い足す必要がないようにと、
全室にウォークインクローゼットまたはクローゼット、洗面室にリネン庫を設けました。
設計士の目から見ると、トータルコーディネイトされた空間に市販品を置いてしまうと、
せっかくの“空間美”が損なわれるように感じます。

それならあらかじめ、必要な場所に必要と思われる収納量をもつ収納スペースを設ければ、
見た目の美しさを損なうことなく、かつ片づけに困ることもほとんどありません。
ゆとりある住居専有面積だからこそ、収納スペースも広く確保出来るというわけです。

●ライター・吉田
中川さんの話をお聞きしていると、空間のゆとりは暮らし心地の向上につながることが分かりました。
広さのなかに計算された“機能美”が備わっているのですね。
【ダイアパレス三河豊田】は、「ゆとり」と「機能性」のバランスが考えられているのだと感じました。
さて次回は、もうひとつのポイント「想像力」についてお聞かせください。

■中川さん
わかりました。
ワクワクするお話になると思うので、ぜひご期待ください。

※撮影年月:平成27年3月・4月
※画像は全てクリックすると拡大出来ます
※モデルルームAタイプを撮影。住戸によって設備タイプが異なる場合があります。
また、一部有償オプションが含まれています。
家具・インテリア小物・オプション等は販売価格には含まれません
※変更内容には申し込み期限があります
※詳しくはマンションギャラリーへお問い合わせください

【01-2015.4】

================================================

■【ダイアパレス三河豊田】マンションギャラリー
問い合わせ先/0800-222-0700
※携帯・PHSからも利用できます
営業時間/10:00~18:00
定休日/火曜日・水曜日


PAGE TOP

この物件の注目ポイント