徹底レポートそのうち

ダイア建設名古屋 (愛知県豊田市)

  • 通勤時間帯に運行本数が増える「三河豊田」駅まで徒歩3分、電車通勤もマイカー通勤も便利
  • スーパー、病院、学校、公園などが徒歩圏に揃う、生活しやすい立地
  • 収納スペースもしっかり確保した、90㎡台・80㎡台のゆとりあるプランニング

この物件をレポートするのは

Yoshida Keiko 住宅ライター

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

この物件の注目ポイント

気になる点や分からないことは『マンションギャラリー』ですっきり解決

以前、マンション購入を検討している友人からこのような質問を受けました。

「マンションギャラリーって、何度行ってもいいのかしら?」

と。答えはもちろん、YES!
一度の見学だけで、理解や納得が出来なければ、何度でも足を運んで
販売担当者さんに相談することをおすすめします。
マンション購入は、人生における大きな買い物ですから、
きちんと納得出来るまで、販売担当者さんと色々話すことが大切です。

IMG_3114

販売担当者さんに聞いたところ、【ダイアパレス三河豊田】のマンションギャラリーは
2度、3度と来場する方が多いそうです。
そして、必ず明確な疑問や質問を持って来られるのだとか。

そこで今回は、実際に再来場された方から寄せられた質問とその答えを
販売担当責任者の市場さんに伺いました。

Q1:モデルルームとは違うカラーコーディネートにしたいが、
全体的なイメージがつかめない

A1:当社が過去に手掛けた物件の施工事例をご紹介します

モデルイメージダミー3 モデルイメージダミー1
※カラーコーディネート例。左/ダイアパレスお花茶屋パークフロント(分譲済)・右/ダイアパレス四日市中央通り(分譲済)

同じ間取りでも、カラーコーディネートによって、部屋の印象は大きく変わります。
マンションギャラリー内に各カラーの面材や扉材を展示していますが、
やはり空間全体で見た時と、イメージは違ってくるはずです。

当モデルルームは、「アーバンミックス」という黒と白を基調にした、
インパクトの強いカラーコーディネートになっています。
全体的に明るく柔らかな雰囲気の「プレーンナチュラル」や、
木の温もりと重厚感を感じる「シックブラウン」を望まれる方には、
当社が過去に手掛けた物件で、近しいカラーコーディネートの施工事例を写真でお見せします。
物件の施工時期によって、採用カラーに若干の違いはあるものの、
全体のイメージは掴んでいただけます。

なお、カラーセレクトの申込期限は、階数によって期限が異なります。
希望される方、検討中の方は申込期限が迫っていますので、
お早目にお申し出ください。(市場さん談)

Q2:【ダイアパレス三河豊田】は広い道路に面して建てられるが、
どんな音対策をしているの?

A2:住宅性能評価に基づき、防音に対する取り組みを行っています

当マンションは、「住宅性能評価書付マンション」(※)です。
※設計住宅性能評価書取得済み。建設住宅性能評価書取得予定

dia0109-2-11

住宅性能評価の項目は10項目あり、国土交通大臣の登録を受けた第三者評価機関が
各項目を1~3点で評価をします。分かりやすく言うと、“家の通知表”のようなものです。
その項目のひとつに、「音環境」も含まれています。

IMG_3113

マンションギャラリーへ初めてお越しいただいた皆さまに、
【ダイアパレス三河豊田】の住宅性能に対する取り組みを解説した
「コンセプトブック」をお渡ししているのですが、
先日とあるお客様から
「幹線道路沿いに建つマンションなので、音が心配。
防音対策について、もっと詳しく知りたいので、もう一度マンションギャラリーへ行きたい」
というご連絡をいただきました。

再来場の際は、コンセプトブックを使いながら、さらに深く掘り下げたお話をし、
さらにモデルルームで防音サッシの性能を体感していただきました。

IMG_3082 IMG_3085

販売担当者がバルコニーからリビングにいるお客様に向かって大声で叫び、
リビング窓を開けた状態と閉めた状態で、どれほど音の違いがあるかを実験したんです(笑)

dia0109-2-16

【ダイアパレス三河豊田】のサッシは、遮音性能の高い防音サッシを採用しているので、
バルコニーの掃き出し窓を閉めると、外部の音はほとんど気になりません。
なので、このような実験をすることで、防音サッシの効果をお客様自身がきちんと理解し、
納得してくださいます。(市場さん談)

====================

「1回目はモデルルームをご覧いただき、間取りや建物のクオリティを実感していただく。
そして2回目以降で、間取り変更や住宅資金についての具体的な相談や、
建物の構造・性能の詳しい説明、入居後のアフターサービスなど知っていただき、
当マンションへの理解を深めていただければと思っています。
マンションギャラリーへ複数回お越しになるお客様のほとんどが、
カタログやコンセプトブックを熟読し、勉強されています。
それは『ずっと快適で、安心して住み続けられるマンションを買いたい』という想いの表れだと、
スタッフみんなが感じています。
なので、納得ゆくまで何度でもマンションギャラリーにお越しください。
お客様の想いに、我われもきちんとお応えします」
と市場さん。

IMG_3112

「しかしその反面、今回の購入者様の約40%は、初回の見学で購入を決断されています。
三河豊田駅から徒歩3分という好立地なエリアに、新築分譲マンションが供給されること自体15年ぶりですし、
この先しばらくは、新規物件の供給はないだろうと予想されているエリアです。
価格の先高感から、今回の購入を見送ったとしても、
今後希望の予算や広さが供給されるかわからないという意識から、
早々に決断をされるお客様が多いのも事実です」
とも教えてくれました。

購入の決断をするタイミングは、人それぞれ。
一度の見学で決める方もいれば、複数回見学して決める方もいます。
自分にあったプロセスを踏み、納得のゆくマンション購入につなげましょう。

※撮影年月:平成27年3月
※画像は全てクリックすると拡大出来ます
※モデルルームAタイプを撮影。住戸によって設備タイプが異なる場合があります。
また、一部有償オプションが含まれています。
家具・インテリア小物・オプション等は販売価格には含まれません
※変更内容には申し込み期限があります
※詳しくはマンションギャラリーへお問い合わせください

【02-2015.3】

================================================

■【ダイアパレス三河豊田】マンションギャラリー
問い合わせ先/0800-222-0700
※携帯・PHSからも利用できます
営業時間/10:00~18:00
定休日/火曜日・水曜日


PAGE TOP

この物件の注目ポイント